神奈川区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

ミスター高橋の 連 載 「貯筋」の心得 ㉝筋トレに念力の効果

 今回の見出しで言う念力とは、「こうありたい」と強く思い念じるという意味。筋トレに励む方々には、それぞれの目的があると思います。「ロコモ(運動器機能症候群)にはなりたくない」「我が子には寝たきりになった惨めな姿を見せたくない」「メタボから若き日のスレンダーな体型を取り戻したい」等々…。

 我々『貯筋倶楽部』のトレーニング仕法は、指導員の先導に合わせて参加者全員が揃って同じ種目を行います。生ゴムチューブの引き戻しを負荷にした筋トレ法ですから、各自の体力に適した握り間隔の長さ調節は自由自在。手軽で無理なく行えることは確かなのですが、私は常々、会員さんにお願いしていることがあります。それは、毎時行っているトレーニング種目が「どの部位の筋肉を鍛えているかをよく理解し、気力を集中させてください」ということです。

 人間だけが持つ精神的神秘には、理論・認識を超越した力が存在すると私は信じています。つまり、闇雲に運動動作を繰り返すだけではなく、一挙手一投足に念力を込めて行うのとでは効果に差がでること間違いありません。

 皆さんは言霊(ことだま)の力を信じますか。いつも悲観的な言葉ばかりを口にする人と、常に前向きで楽観的な人とでは、自然と表情が違ってきますよね。

 トレーニング時間一時間半の半ばに「chat・time」という15分間のおしゃべり時間を設けています。愚痴をこぼすことのない明るい会話で教室内には笑いが絶えません。平均年齢が70歳になる彼女らの合言葉は「100歳になっても、颯爽と六角橋を歩ける体力を維持しよう」です。
 

トレッサ横浜

大切な人に思いを伝えよう。ハートDays開催!

http://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

神奈川区版のコラム最新6件

「貯筋」の心得

ミスター高橋の 連載

「貯筋」の心得

1月11日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

1月1日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

12月7日号

「貯筋」の心得

ミスター高橋の 連載

「貯筋」の心得

12月7日号

お噺のお話

落語こらむ

お噺のお話

11月2日号

「貯筋」の心得

ミスター高橋の 連載

「貯筋」の心得

10月5日号

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「焼物を通じて何を現わせるか」

フェイアートギャラリー

「焼物を通じて何を現わせるか」

1月26日まで高垣篤 陶展

1月15日~1月26日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク