神奈川区版 掲載号:2018年1月11日号 エリアトップへ

ミスター高橋の 連載 「貯筋」の心得 ㉟人間VS野生動物

掲載号:2018年1月11日号

  • LINE
  • hatena

 鍛え上げた各種スポーツ選手の世界記録(2017年10月現在)は、いずれも超人的ですよね。年初の今回はいつもと趣をかえ、野生動物の伝説的運動能力と対比してみました。

 まずは100m走。男子の世界記録は、ご存知ウサイン・ボルト(ジャマイカ)で9秒58。女子はフローレンス・ジョイナー(米国)の10秒49に対し、サバンナの王者チーターは2秒80という驚異の駿足。

 競泳100m自由形、男子の記録はセザール・シェロ(ブラジル)の46秒91。女子はサラ・ショーストレム(スウェーデン)の51秒71。対する海洋のチャンピオン、メカジキは3秒50。

 フルマラソン男子の記録はデニス・ゲブルト(ケニア)の2時間2分57。女子はポーラ・ラドリクス(英国)の2時間15分25。競走馬のレース中の瞬間速度は100m5秒50といわれていますが、昔の早馬は京都から江戸までの500Kmを走り通したそうです。

 走り高跳び男子の記録はバビエル・ソトマヨル(キューバ)の2m45。女子はステフカ・コスダディバ(ブルガリア)の2m09。片や森林の猛勇、虎は7mの落とし穴からジャンプで脱出。ライオンは獲物を銜えて3mの柵を飛び越えたとか。

 走り幅跳び男子の記録はマイク・バウエル(米国)の8m95。女子はガリナ・チスチャコワ(ソビエト)の7m52。猫科のピューマは何と18mを難なく跳躍。

 重量挙げジャークの男子の記録はホセイン・レダザデ(イラン)263kg。女子はタチアナ・カシリナ(ロシア)の193kg。巨木をも倒す怪力王の象が、つながれている杭を抜かないのは、幼少時にできなかった潜在意識からだそうです。
 

神奈川区版のコラム最新6

リユース、SDGsの第一歩

電線提供など幅広く貢献

電線提供など幅広く貢献

メルビック電工(株)

5月20日号

絵日記からリユース瓶へ

絵日記からリユース瓶へ

市資源リサイクル事業協同組合

5月7日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

4月22日号

安心・安全・安定軸に次代へ

安心・安全・安定軸に次代へ

 三基 30周年/白幡南町

12月24日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter