神奈川区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

市、IR説明会を初開催 カジノ不安、色濃く

社会

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena
400席以上ある会場はほぼ満席に=4日
400席以上ある会場はほぼ満席に=4日

 横浜市は、カジノを含むIR(統合型リゾート)の実現に向けた初の市民説明会を12月4日、中区の開港記念会館で開催した。

 林市長は8月、カジノを含むIRの誘致を表明。最大の理由に年1200億円の財政貢献を挙げた。候補地は47ヘクタールの敷地を持つ山下ふ頭を想定。カジノにはギャンブル依存症や治安悪化などの懸念があり、市民に理解を得る必要があるとして、来年3月までに全18区で市長も出席する説明会を行う。一方で住民投票や林市長のリコール実

現を掲げるカジノ反対運動も市民や政治団体などを中心に活発化。山下ふ頭を利用する事業者らからなる横浜港運協会も反対の姿勢を示している。

経済効果を期待

 林市長は今年をピークに生産年齢人口が減少し経済活力の低下や個人市民税が減少する一方で社会保障費は増加すると説明。「戦略的に考えてお金を生み出していかないといけない」と語り、カジノを含むIRの有用性を語った。またギャンブル依存症などの対策として世界最高水準の規制を導入し、誰もが楽しめる世界水準のリゾート施設を実現するとした。

 直接の質疑応答は行われず、入場時に配布された用紙に記入したものを司会者が無作為に選んで読み上げ、市長らが答えた。参加者からはカジノ抜きのIR実現性や依存症対策を問うものや、治安悪化を懸念する声、誘致の是非は市民が決めるべきという意見などが寄せられた。閉会間際には、参加者から市の一方的な説明ではなく「対話」を求める声が上がり、司会者が制止する場面もあった。

 神奈川区内では、12月9日に市民説明会が行われた。会場周辺には反対派が集まり、「カジノはいらない」と声をあげていた。

神奈川区版のローカルニュース最新6

「省プラ生活」アイデア発信

市資源循環局

「省プラ生活」アイデア発信 社会

SNSで企業の取り組みなど

7月2日号

渾身の1枚 一堂に

県民センターで写真展

渾身の1枚 一堂に 文化

7月2日号

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8%

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8% 社会

県、実態調査の結果公表

7月2日号

医師が感染症対策を講話

医師が感染症対策を講話 社会

「接触・飛沫・3密避けて」

7月2日号

「家族」描く作品募集

乳がん絵画コンクール

「家族」描く作品募集 社会

7月2日号

「新しい社会の形」追求を

コロナ社会どう生きる 県医療危機対策統括官 阿南英明医師

「新しい社会の形」追求を 社会

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日20:15更新

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク