神奈川区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

安心・安全・安定軸に次代へ  三基 30周年/白幡南町

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena
鈴木基弘会長(左)と祐吾社長
鈴木基弘会長(左)と祐吾社長

 周年を迎えた区内企業の歩みをたどり、事業に対する思いや信念を聞く。第2回目は、1990年に創業した白幡南町の「三基」(鈴木祐吾社長)を紹介する。

――創業30周年の節目に社長に就任されましたね

 「創業者である父から受け継いだ三基は、建物解体と一般・産業廃棄物処理業を営んでいます。18年前には建物解体を専門に扱う三基工業が立ち上がっており兄の晶仁が代表を務めています。父が朝から夜まで真っ黒になって働き築き上げてきた会社ですので、次世代につなげていきたいですし、これからも地域に根差した活動をしていきたいです」

――仕事で大切にしていることや、今後の事業展開を教えて下さい

 「社訓の『安心・安全・安定』を心掛けています。現場の無事故がお客様の安心に結びつき、安定的な信頼感を得られると思うんです。また、これから先重要になるのが、この業界と切っても切れない環境問題。今でも解体時に出た木材などは再資源化を図っていますが、リサイクルは今後一層力を入れたい分野です。他にも目標として示されているSDGsを意識し、社員が働きやすいよう環境を整えたり、外国人研修制度をはじめ人材育成にも注力したいです」
 

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

http://takeuchi.180r.com/

<PR>

神奈川区版のコラム最新6

リユース、SDGsの第一歩

電線提供など幅広く貢献

電線提供など幅広く貢献

メルビック電工(株)

5月20日号

絵日記からリユース瓶へ

絵日記からリユース瓶へ

市資源リサイクル事業協同組合

5月7日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

4月22日号

安心・安全・安定軸に次代へ

安心・安全・安定軸に次代へ

 三基 30周年/白幡南町

12月24日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter