神奈川区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

リユース、SDGsの第一歩 原貿易

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena
製品を持つ江守社長(中央)ら
製品を持つ江守社長(中央)ら

 オフィスなどで使用されるレーザープリンターのトナーカートリッジをリユース品に代えると、新たなカートリッジを製造するのに比べてCO2排出量を1本あたり約3・4kg削減できるという。このリユースカートリッジに必要な消耗部材などを販売しているのが、松本町の原貿易だ。

 三溪園を作ったことで知られる実業家の原富太郎(原三溪)が養子入りした原商店(後の原産業)を前身に持ち、繊維商社としてスカーフやマフラー、タイプライターに使うリボン生地の輸出など多角化を続けた。印刷生地の技術をもとにトナーカートリッジのリユース事業に参入したのは90年代中頃。国内に同業はおらず先駆け的な存在だった。

 江守雅人社長は「創業当時からの理念が現代のSDGsにマッチしただけ」と話す。しかし、欧米と比べるとリユース品の普及率は20%程度と低く、中小企業経営者の意識改革が必要と感じているという。そこで同社では、リユーストナーカートリッジの導入がSDGs達成への第一歩になることを伝える独自のリーフレットを配布するなど、SDGsの理解促進に取り組んでいる。

 同社では乳幼児向け用品の企画開発なども手掛けており、オーガニックコットンを使った製品をバングラディシュの工場で縫製することで開発途上国の雇用創出も支援。今年からは竹とバイオマスプラスチックを原料にした高耐熱・高耐菌の食器販売も始めるなど、SDGsと密接に関連した事業展開を加速させる。

 同社の重田真由子さんは「自社で扱っているものがSDGs達成というゴールにつながることが、社員全員に浸透しているのが当社の強み」という。江守社長も「サステナブルというキーワードはこれからの企業経営に欠かせない。中小企業こそ、SDGsをビジネスにつなげるべき」と力を込めた。

神奈川区版のコラム最新6

リユース、SDGsの第一歩

電線提供など幅広く貢献

電線提供など幅広く貢献

メルビック電工(株)

5月20日号

絵日記からリユース瓶へ

絵日記からリユース瓶へ

市資源リサイクル事業協同組合

5月7日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私

「令和はシュウマイの時代」

4月22日号

安心・安全・安定軸に次代へ

安心・安全・安定軸に次代へ

 三基 30周年/白幡南町

12月24日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter