神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
神奈川区版 公開:2024年4月25日 エリアトップへ

市政報告 自転車ヘルメットの着用促進 自民党横浜市会議員団 小松のりあき

公開:2024年4月25日

  • X
  • LINE
  • hatena

 4月6日から15日までは春の全国交通安全運動でした。

 昨年から神奈川交通安全協会の会長を務めている私としても、痛ましい交通事故の減少は地域の重要課題です。期間前日の4月5日に東神奈川駅のペデストリアンデッキで行われた街頭キャンペーンや、小学校の入学式が実施された8日には区内小学校の周辺で、新入学児童の見守り活動に参加しました。

市内事故は減少傾向

 横浜市内での交通事故発生件数は、平成12年の2万5712件をピークに減少傾向にあり、昨年の事故件数は7703件(速報値)まで減少しています。

 昨年1年間に神奈川区内で発生した交通人身事故件数は328件で、前年よりも35件減少しました。死者・負傷者共に前年よりも少なく、事故原因を見ると追突や右左折時の巻き込み事故の割合が多くなっています。

 道路交通法の改正に伴い、昨年4月から自転車運転時のヘルメット着用が努力義務に、同年7月には電動キックボードに新たな交通ルールが適用となりました。警察庁が昨年7月に調査したデータによると、自転車用ヘルメットの着用率は全国平均で13・5%。一方神奈川県は、東京都よりも低い8・4%にとどまっています。

 警察庁によると、令和元年から昨年までの5年間の統計で、自転車乗車中の交通事故で亡くなられた方は約5割が頭部に致命傷を負っています。

 また自転車乗車中の交通事故で、ヘルメットを着用していなかった人の致死率は、着用していた方に比べると約1・9倍高いという調査結果が出ています。

他都市では補助実績

 東京都では昨年から区市町村の購入費補助に上乗せする形で、自転車用ヘルメットの購入費を助成する補助事業を行っています。県内でも相模原市や厚木市などでは購入費補助がありますが、横浜市では導入されていません。

 「責務は安全」が私の政治信条です。昨年の市会定例会では総合審査の場で市長に対しさらなる交通安全周知啓発の必要性を訴えましたが、直接的に命を救う可能性を高めるための補助金交付についても引き続き提言していきます。

横浜市会議員 小松範昭

横浜市神奈川区六角橋2-5-24

TEL:045-491-7515

http://komatsu-noriaki.net/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

公費助成の定期接種化へ

帯状疱疹ワクチン 市政報告

公費助成の定期接種化へ

横浜市会議員 竹内 やすひろ

7月11日

都合のいいデータ市政を検証

市政報告

都合のいいデータ市政を検証

自民党横浜市会議員団 小松のりあき

7月4日

帯状疱疹のワクチン助成を

市政報告

帯状疱疹のワクチン助成を

自民党横浜市会議員団 小松のりあき

5月23日

住民の声を県政に届ける

県政2年目へ

住民の声を県政に届ける

県議会議員 片桐のり子

5月23日

本市を変える三本柱を提言

横浜の持続可能な発展へ 市政報告

本市を変える三本柱を提言

横浜市会議員 田中紳一

5月9日

自転車ヘルメットの着用促進

市政報告

自転車ヘルメットの着用促進

自民党横浜市会議員団 小松のりあき

4月25日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月6日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook