宮前区版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

伝統脈々 先祖の400年法要 長尾と神木の井田家

文化

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena
400年法要を記念して集合(提供写真)
400年法要を記念して集合(提供写真)

 多摩区長尾地区と宮前区神木地区で脈々と家系を受け継いできた井田家が今月4日、江戸時代初期に没した先祖を供養する400年法要を妙楽寺で開いた。井田家の子孫が親睦を深めながら、先祖を偲んだ。

 参加者が思いを馳せたのは、1615(元和元)年に没した小田原北条氏の家臣、高橋帯刀。北条氏が滅びた後、出家して「道清」と名乗り、現在の多摩区長尾に移り住んだという。死後、子孫が井田姓に改名したとされる。子孫は名士も多く、中でも井田文三(1853―1936)は明治時代の自由民権運動家として知られる。

 両地区には現在、井田姓は100世帯ほどあるという。1973年に「道清」の墓碑を修理したのを機に、長男系統の家系を中心に親睦会を発足。多い時には会員が50世帯にも上り、旅行や観劇などで交流を深めてきた。ただ2代目がこの地を離れるケースもあり、徐々に会員が少なくなっているという。

 4日に行われた法要には親睦会の子孫約40人が参加。妙楽寺に納められている道清の木像が開帳され、墓碑を前に次々と手を合わせた。

 親睦会の井田正敏会長は「道清様は時代の狭間に生き、そして新しい時代を切り開いた。この400年の歴史を誇りに感じる」と話す。

 長尾町会の会長などを務めた井田肇さんは「先祖があってこうして暮らすことができる。伝統を大事にしていくことはいいこと。これからも絆を守っていきたい」と話している。

宮前区版のローカルニュース最新6

手作りマスク配布へ

長沢自治会

手作りマスク配布へ 社会

「助けあい、できることを」

4月10日号

所属委員会が決定

市民227人、一時活動休止

英国事前キャンプ

市民227人、一時活動休止 スポーツ

市、五輪延期受け

4月3日号

地元アーティストが共演

地元アーティストが共演 文化

5月、アリーノコンサート

4月3日号

献血に57人が協力

川崎富士見ライオンズクラブ

献血に57人が協力 社会

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク