宮前区版 掲載号:2018年8月17日号 エリアトップへ

(PR)

噛合せに影響を及ぼす 学童期、糸切り歯の生える方向に注意を 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

掲載号:2018年8月17日号

  • LINE
  • hatena

 「糸切り歯の生える方向は重要です。学童期に、内側に向きすぎている場合は注意が必要」。そう話すのは「宮崎台やすい矯正歯科クリニック」の安井正紀院長だ。

 上顎の糸切り歯は、生えてくる順番(萌出)でいうと1番最後。学童期にレントゲンを撮ると、萌出前、骨の中の糸切り歯の方向が著しく内側を向いている子どもが多くみられるという。

 放置すると、糸切り歯が骨の中で上の前歯の根っこを吸収してしまうことがある。これを回避するため、矯正治療により口の中を横方向に広げ、上顎の奥歯を後ろに引っ張ることで、糸切り歯が生える隙間を作っていく必要があるという。「歯の位置の調整に加えて、まだ抜ける時期ではない乳歯を戦略的に抜歯することで隙間をつくり、骨の中での糸切り歯の萌出方向を変える必要がある」と安井院長。

 確実にすべての患者に行えるわけではないが、同院では多くの患者の糸切り歯の方向を変える治療をおこなっているという。安井院長は「糸切り歯は噛合せをつくる上で非常に重要な役割を果たしている。噛合せ全体に大きく関わってくることなので、かかりつけ医でレントゲンを撮る機会があった時には、糸切り歯の方向は大丈夫か、先生に確認してもらうとよいでしょう」と話す。

田園都市線 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

川崎市宮前区宮崎2の12の1 宮崎台プラザ105

TEL:0120-8772-90

http://www.yasui-kyousei.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

無料で耐震診断

今こそ大地震への備えを! リフォーム

無料で耐震診断

「成建リフォーム」で相談受付中

10月18日号

秋は「稲」の海老ヒレかつ‼

秋は「稲」の海老ヒレかつ‼

「創 業以来の一番人気」

10月18日号

骨の成長を考慮し、治療進める

抜かずに無理やり、早期の抜歯は要注意

骨の成長を考慮し、治療進める

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

10月18日号

立ち退き・建替えセミナー

賃貸オーナー必聴 参加費無料

立ち退き・建替えセミナー

11月1日 会場=旭化成ホームズ 横浜北支店

10月18日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

貸出フェア開催中!

10月18日号

ハロウィーン開催

笑顔を集めるハンドメイド

ハロウィーン開催

10月18日号

溝の口で法律相談

溝の口で法律相談

弁護士会の主催

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク