宮前区版 掲載号:2018年12月7日号 エリアトップへ

キャラ活躍の裏に市民力 着ぐるみ隊「楽しいの好循環」

社会

掲載号:2018年12月7日号

  • LINE
  • hatena
着ぐるみ隊と宮前兄妹(市民館前の広場で撮影)
着ぐるみ隊と宮前兄妹(市民館前の広場で撮影)

 イベントなどで人気のご当地キャラ「宮前兄妹」。その活躍の裏には、人知れず汗を流す市民団体が存在する。11月の「世界キャラクターさみっと」参加前に、活動への想いなどを語ってくれた。活動の性質上、本名などは非公開。

 その市民団体は「かわさきキャラ着ぐるみ隊」。20代〜60代の隊員25人が在籍し、祭り会場や商業施設、保育園などでキャラクターの着ぐるみを活用したパフォーマンス、補助などを行っている。着ぐるみ経験のある市職員は「着ぐるみ隊の演技は我々と全然違う。質が高い」と評価する。

 活動のきっかけは宮前区の区政30周年で誕生した「宮前兄妹」だった。劇団経験のある当時の市民館職員が「着ぐるみを活用してまちを盛り上げよう」と2012年に講座を実施。その講座を受講した市民が同隊の創設メンバーとなった。

 設立当時からの隊員は「とにかく楽しくって。講座が終わっても着ぐるみの活動を続けたいと思った」と振り返る。

 翌13年から市民活動団体「かわさきキャラ着ぐるみ隊」として活動をスタート。しかし、当時は全く活動の場がなかった。そこで「自主練」を敢行。夏の3カ月間、毎週土曜日に市民館の広場でゲリラ的に着ぐるみパフォーマンスを披露した。

 キャラの認知度、パフォーマンスの評判はじょじょに高まり、現在では宮前兄妹だけでなく市内外から依頼が増加。年間80回ほど出演するまでに成長した。

 活動資金はメンバーのカンパで賄われている。「私たちのパフォーマンスで楽しんでくれるお客さんがいる。私たちはそれが楽しい」。

「中の人」と呼ばないで

 「着ぐるみの『中の人』と呼ばれたくない」。ファンタジスタにちなみ、隊員に「着ぐるみスタ」の肩書を付けた。演技は隊員たちの独学だ。上手い演者の技術を参考にしたり、自らの動きを動画で撮影しチェックするなど、日々研さんを重ねる。

 楽しくなければダメ。厳しい規則はない。「ゆるキャラ」の舞台裏は「ゆるい」のが基本だ。だが、隊の代表を務める隊員はつぶやく。「市民による着ぐるみ団体の日本一をめざしているんですよ」。可愛い外見とは裏腹に、高い志が燃えていた。

宮前区版のローカルニュース最新6

星に願いを

星に願いを 文化

向丘出張所に七夕飾り

6月24日号

10年の軌跡展示で交流

10年の軌跡展示で交流 文化

大好きみやまえ展

6月24日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

川崎北は白山と

6月24日号

穢れ祓う茅の輪

穢れ祓う茅の輪 文化

野川神明社に26日から

6月24日号

シェアサイクル本格運用

女性議員割合23・3%

県内市町村アンケート

女性議員割合23・3% 政治

川崎25%、3政令市でトップ

6月24日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook