宮前区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した 松下 彩花さん 田園スイミングスクール所属 26歳

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

「負けん気根性」で世界へ

 ○…海など自然の中で行われる長距離水泳競技「オープンウォータースイミング(OWS)」。4月に日本代表として初めてアジア大会に挑んだ。「とにかく楽しもうと思った」という言葉通りのリラックスした泳ぎで初優勝を掴みとった。5月には東京オリンピックの選手選考を兼ねた大会が開催されたが、低体温になり完泳するも落選。「まだチャンスはある。支えてくれる家族やクラブのためにも代表メンバー入りしたい」と熱を込める。

 ○…OWS歴6年。以前は競泳選手として水泳に打ち込んだ。母に連れられ、プールに入ったのは0歳の時。以来26年間、水泳漬けの日々だ。高校生以下の競泳最高峰の大会「全国ジュニアオリンピックカップ」への出場経験もあるが、大学2年の時、思うようなタイムが出ず伸び悩んだ。コーチから「おもしろい競技がある」と勧められOWSの世界へ。初めての大会は波酔いで吐きながら泳いだ。「完泳はしたが、当然ビリ。とにかく悔しくてこれまで続けている」

 ○…高津区諏訪の実家に暮らす。一時就職したこともあったが「泳ぐことに集中したい」とアルバイトをしながら競技に打ち込むことを決めた。「家族には迷惑をかけている部分もある。それでも応援してくれている」と感謝する。大会で弟が給水係を務めたことも。バイトに練習、各地への遠征と多忙な日々だが、警察官で白バイに乗っていた父の影響で大型免許を取得。「いつか父とツーリングしたい」と孝行娘だ。

 ○…「波や潮の状況、コースなどを自分で考えて泳ぐのが面白い。経験が生きる」と魅力を語る。東京オリンピック出場が今の最大の目標だ。「自分の泳ぎで競技の魅力を伝えていきたい」。ビリからスタートした競技生活だが「負けん気根性」で這い上がり世界を見据える。

宮前区版の人物風土記最新6

吉崎 治さん

川崎宮前ロータリークラブの会長に7月1日付で就任した

吉崎 治さん

野川在住 61歳

7月19日号

杉田 進さん

川崎鷺沼ロータリークラブの会長に7月1日付で就任した

杉田 進さん

菅生在住 74歳

7月5日号

矢澤 隼人さん

県の消防救助技術指導会「溺者救助部門」で1位を獲得したメンバーの一人

矢澤 隼人さん

平在住 26歳

6月28日号

高嶋 笑鈴(えりん)さん

聖マリアンナ医科大学の学園祭「聖医祭」の実行委員長を務める

高嶋 笑鈴(えりん)さん

多摩区在住 27歳

6月21日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

神木本町在住 75歳

6月14日号

佐藤 貴房(たかふさ)さん

みやまえスモールビジネスネットワークの代表を務める

佐藤 貴房(たかふさ)さん

馬絹在住 44歳

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク