宮前区版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

川崎生まれ新品種「香辛子」 フルーティな香りが特徴

社会

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena
香辛子をPRするJAの矢澤宏樹さん
香辛子をPRするJAの矢澤宏樹さん

 川崎で生まれたトウガラシの新品種「香辛子(こうがらし)の普及に向け、味の素(株)とJAセレサ川崎農業協同組合、川崎市の3者が連携し、PRや新商品開発を進めている。

 24日にはセレサモス宮前店・麻生店でプロモーション販売を実施。用意した50袋が完売した。

辛み抑え、代謝促進効果は保持

 香辛子は味の素(株)の研究所(川崎区)で2018年10月に開発された。辛みが少なく、フルーティな香りが特徴だ。

 香辛子に含まれる成分「カプシエイト」はトウガラシの辛味成分「カプサイシン」の1000分の1の辛さ。辛味は弱いが、カプサイシン同様の基礎代謝を向上させる効果を持つという。同組合の担当者は「油との相性が良く、熱すると香りが引き立つ。回鍋肉や酢豚など中華との相性も抜群」と話す。

 今年5月頃から市内29軒の農家で栽培を開始し、8月に入って収穫が始まった。同組合担当者は「天候の影響か、予想より少し遅い収穫だった。収穫時期や色や香りの出方など、データを集めて検証していく」と話す。

 次回の販売は30日に予定。また、香辛子を使用した新商品も次の店舗で提供する。▽食パン専門店アルテの食パン(麻生区)▽おつけもの慶(川崎区)▽鈴や武蔵中原店(中原区)

香りを確かめる来店者
香りを確かめる来店者

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

防災訓練に550人

鷺沼町会

防災訓練に550人 社会

「近助」で有事に備える

1月24日号

農の風景が最高賞

農の風景が最高賞 文化

第14回フォトコンテスト

1月24日号

愛称の市民投票実施

愛称の市民投票実施 スポーツ

多摩川サイクリングコース

1月24日号

C級グルメ受賞作は?

C級グルメ受賞作は? 経済

25日に見学自由の審査会

1月24日号

区内各所で節分祭

区内各所で節分祭 文化

2月3日、一年の福願う

1月24日号

「変化恐れず飛躍の年に」

「変化恐れず飛躍の年に」 社会

川崎商工会議所が賀詞交換会

1月24日号

加藤登紀子コンサートwith Yae

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク