宮前区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

令和2年度川崎市成人式のポスターデザインで最優秀賞となり、採用が決定した 松尾 七慧(ななえ)さん 西野川在住 17歳

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

描いて輝く未来へ

 ○…「3歳年上の、仲の良い兄のお祝いにもなれば」。小さな頃から絵を描くのが好きで、将来の夢はイラストレーター。独学で学んだペンタブレットで描いた作品を初めて応募し、最優秀賞に選ばれた。成人式実行委員長からは「本人の優しい気持ちが伝わってくるよう」と好評を得た。

 ○…兄が習っていた剣道を小4で始めた。中学の部活動では区大会3位、市ベスト8に輝いた有段者だ。しかし部活に打ち込んでいた中2の夏、起立性調節障害を発症した。突然意識が飛んでしまい、本人はその間の記憶がまるでないのだという。「家族のサポートに感謝している。また友人など、あまり知られていない病気に理解をしてくれる人が多く助かった」と話す。快方に向かっているというが、まだ闘病中。「大人になったら治るとも言われているけれど、いつまで続くのか不安だった。自分の頑張りが、少しでも同じ病に悩む子たちの励みになればいいな」。優しさが溢れる。

 ○…現在、代々木のカドカワドワンゴ学園N高等学校のプログラミングクラス2年生。自由な校風に惹かれ、病気への理解もあることから進学を決めた。ホームページを作成し、毎週プレゼンテーションにも挑む。クラスには冷蔵庫を自作する子や、3Dプリンターに挑戦する子などもいるという。「夢に向かって努力する熱量のある人と切磋琢磨できるし、いっぱい挑戦して色んな経験ができて、とても楽しい」と弾ける笑顔を見せた。

 ○…通学時間は読書に充てる。夏目漱石や江戸川乱歩、菊池寛を読了。絵を描くだけでなく、物語も書いている。「和洋折衷な世界観が好き。大正明治の頃にファンタジーを足したような。創造するのが好き」。膨らむ夢の世界とともに、可能性が無限大に広がる。

聖マリ医大 公開講座受講生募集

聖マリアンナ医科大学専門医らが身近な病気について分かりやすく解説!

http://www.marianna-u.ac.jp/

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

冨樫 結菜(ゆいな)さん

都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

2月21日号

佐藤 裕介さん

創立40周年を迎える有馬フレンズ総監督で記念式典実行委員長を務めた

佐藤 裕介さん

鷺沼在住 37歳

2月14日号

小谷田(こやた) 實さん

宮前区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

小谷田(こやた) 實さん

宮崎在住 71歳

2月7日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月31日号

松平 晃さん

阪神・淡路大震災の日に、神戸市でトランペットを20年にわたり演奏する

松平 晃さん

市内在住 77歳

1月24日号

藤田 道宣さん

車いすフェンシング選手で、東京2020パラリンピック出場を目指す

藤田 道宣さん

菅生在住 33歳

1月17日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月10日号

東有馬に11/1(金)開院

SOL整形外科 10/26(土)・27(日)10時~15時、内覧会開催

http://sol-clinic.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク