宮前区版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

車いすフェンシング選手で、東京2020パラリンピック出場を目指す 藤田 道宣さん 菅生在住 33歳

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena

不屈の向上心でパラ挑戦

 ○…東京2020パラリンピック正式種目「車いすフェンシング」の選手。一昨年インドネシアで開かれたアジアパラ競技大会に出場し、「フルーレ」種目で銀メダルを獲得した強者だ。前回リオのパラリンピックにも挑戦したが出場はかなわなかった。一昨年11月から始まった出場者選考の試合は今年4月まで続き、5月に出場選手が発表される。出場枠は1種目につき全世界で8人の狭き門。「まずはパラリンピック出場が目標。これまでお世話になった人たちに恩返ししたい」

 ○…フェンシングは高校から始めた競技。当時は健常者として競技に打ち込んだ。「とにかく上を目指したい。マイナースポーツなら通用するのでは」。そんな甘い気持ちで入部したが、インターハイで優勝するほどの強豪校。日本フェンシング史上初の五輪メダリストとなる太田雄貴さんが1学年上の先輩にいた。挫折を味わうも努力を続け、高校3年生の時にはインターハイの京都代表に。全国ベスト16入りを果たした。

 ○…大学でも競技を続け将来を嘱望されていた選手だったが、2回生の夏にアクシデントに見舞われる。海に飛び込んだ際に頭部をぶつけ頚髄を損傷。胸から下が動かせない状態になってしまう。障害を受け入れられず、進まないリハビリ。そんな時に見舞いに訪れたのが太田さんだった。「車いすフェンシングやったらどうだ。一緒に世界を目指そう」。その言葉がきっかけとなりリハビリに励んだ。けがから初の試合まで費やした年月は4年。日本に選手がいないため、手探りで道を切り拓いてきた。

 ○…パラ東京大会の出場を目指すため、4年前に関西から宮前区に移り住んだ。「特別な大会で自国開催は一生に一度。メダルに挑戦したい」
 

宮前区版の人物風土記最新6

永嶋 信央さん

宮前区老人クラブ連合会の会長として活動する

永嶋 信央さん

馬絹在住 83歳

9月25日号

宮崎 元作さん

北野川ふれあいの森保全会の会長として整備に尽力する

宮崎 元作さん

西野川在住 71歳

9月18日号

高久(たかく) 實さん

五所塚町内会の会長として安心安全の街づくりを推進する

高久(たかく) 實さん

五所塚在住 70歳

9月11日号

加藤 孝充(こうじゅう)さん

読経を毎日朝晩ライブストリーミング配信している

加藤 孝充(こうじゅう)さん

鷺沼在住 58歳

9月4日号

山根 崇さん

一般社団法人川崎建設業協会の会長に就任した

山根 崇さん

幸区在住 46歳

8月28日号

小泉 斌さん

宮前防犯協会の会長に就任した

小泉 斌さん

野川本町在住 82歳

8月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク