宮前区版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

第14回みやまえフォトコンテストで審査委員長特別賞を受賞した 長野 修司さん 東有馬在住 47歳

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

地域を担う、次世代リーダー

 ○…「団地を望む夕暮れの収穫」。受賞作には住宅地の中にある畑の風景が収められている。将来失われていくであろう時代の、写真でしか残せない記録として評価された。フォトコンテストに応募したのは今回がはじめて。「なにげなく撮っていた一枚。まさか選ばれるなんて」と謙遜するも、「緑と住宅、坂が混在するところが宮前区らしくて好きな風景」と地域への愛着を写し出した一枚になった。

 ○…ジョギングが趣味で、妻とともに街並みを眺めながら10から20Kmゆったりと走る。「こだわりの日本酒など気になるお店を見つけるのが楽しい」と頬を緩める。今回の作品もジョギング中に見つけた風景だ。2月15日の表彰式で見た他の入賞作の撮影場所にも早速足を運んだ。「素晴らしい作品ばかりだったので。まだまだ魅力がいっぱい」と目を輝かせる。

 ○…10年ほど前、結婚を機に宮前区に移り住んだ。「当時は犬蔵の谷戸に牛がいたり、神社の斜面にヤギがいたりして、自然豊かなところが気に入った」。新宿や四ツ谷など、都会で育った影響からか自然へのあこがれが強かった。昨年、地域でゴミの減量や緑地保全活動などに取り組む「地域環境リーダー育成講座」を受講した。「仕事ばかりでこれまで地域と関わる機会が少なかった。活動を通して関係を築いていければ」と、地域活動への一歩を踏み出した。

 ○…今年訪れた地域のどんど焼きに、同世代の男性が少ないことを感じた。「活動を通して、交流の場づくりができれば」。手始めに、受講メンバーとともに菅生ケ丘緑地の井戸堀りを計画中だ。「自分のペースでゆるく長く活動していきたい」と、新しい可能性を模索しながら地域に溶け込んでいく。

スギザキ時計店

スギザキ時計店

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

シンガーソングライターで鷺沼でリトミック教室を主宰する

せがわ あきこさん(本名:瀬川晶子)

土橋在住 47歳

3月20日号

目代 鉄男さん

巡り地蔵の馬絹地区世話人とお宿を代々務める

目代 鉄男さん

馬絹在住 68歳

3月13日号

名古屋 徹さん

JAセレサ川崎花卉部馬絹支部長として花桃を市長に贈った

名古屋 徹さん

馬絹在住 58歳

3月6日号

長野 修司さん

第14回みやまえフォトコンテストで審査委員長特別賞を受賞した

長野 修司さん

東有馬在住 47歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク