宮前区版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

第5地区民生委員 独居高齢者に靴下寄贈 小谷田さん 手編みで100足

コミュニティ社会

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
手紙も添えられた靴下
手紙も添えられた靴下

 宮前第5地区民生委員児童委員協議会(小谷田實会長)はこのほど、担当エリア内の一人暮らしの高齢者や関係団体に、毛糸の手編み靴下約100足をプレゼントした。コロナで活動制限のあった民生委員の活動の中、顔を合わすきっかけにもなった。

 同会はコロナ下で2月以降活動が制限され、担当エリアの高齢者らとなかなか顔を合わすことができずにいた。地区社協が行っている食事会だけでなく、例年開催しているクリスマス会もできないことから、靴下をプレゼントすることになった。靴下には「少し早いクリスマスプレゼント。会える日を楽しみに」という手紙と共に、担当する民生委員の名前と連絡先が添えられた。

 11月に民生委員ら有志が靴下をラッピング。12月6日の会合時に、それぞれの担当エリア分の靴下が配布され、担当者が配りに回った。受け取った高齢者は「暖かくて良いのよ、ありがとう」と、会長宅にお礼を伝えに訪れる人もいたという。

入院がきっかけ

 小谷田会長の妻・ふさ子さんは、2年ほど前に大腿骨を骨折し入院することになった。その際、時間に余裕があったことから、元来手先の器用なふさ子さんが手網靴下を作成。プレゼントしたところ大変喜ばれ、自粛期間中もコツコツと作り貯めた。社会福祉協議会などに持ち寄られた毛糸を材料に、約1年掛けて100足超を編み上げたものが、今回のプレゼントにつながった。

 「厚意が巡りめぐった。対面できていなかった高齢者も、顔を見るだけで元気になるし、安否確認もできた」と小谷田会長。ふさ子さんは「女性は特に冷えるから。暖かくして喜んでもらえたら」と話した。
 

宮前区版のトップニュース最新6

地域の暮らし 語り合う

ラブみやまえ

地域の暮らし 語り合う 文化

市民団体らオンラインで交流

3月5日号

計画 約1年延期へ

鷺沼駅前再開発

計画 約1年延期へ 社会

準備組合「収束後」見据え

3月5日号

「ご近助さん」を事業化

宮前区予算案

「ご近助さん」を事業化 社会

つながりづくり拡充へ

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位

【Web限定記事】

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位 スポーツ

男子ジュニアで日本人初

2月19日号

吉野君 二子山部屋入り

【Web限定記事】野川中出身

吉野君 二子山部屋入り スポーツ

向の岡工高から、5月場所デビューへ

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク