宮前区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

宮前区予算案 「ご近助さん」を事業化 つながりづくり拡充へ

社会

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は2月8日、一般会計が7年連続過去最高の8208億円となる2021年度予算案を発表した。宮前区の予算は8億3686万8千円で、対前年比マイナス1億6235万2千円(マイナス16・2%)。ご近所情報サイト「みやまえご近助さん」を事業化した一方、新規事業は4年連続ゼロとなった。

 21年度の当初予算案で宮前区が重点を置いたのは、「ご近助さん」の運営。ご近助さんとは、気軽に地域活動に参加してもらおうと、区が作った近所でのつながり作りを応援するウェブサイト。子育て世代が担う「ご近助コンシェルジュ」の活動を通じ、町内会・自治会などの地域活動と子育て世代の相互理解を促進。多世代交流の場の創出や地域のつながりづくりに取り組み、昨年に続き地域力強化に努める方針だ。

 区は20年度に「ご近助さん」を地域支え合い推進事業としてスタート。「区の機能強化に向けた取り組み」の予算から捻出したが、20年度はコロナ禍で動きに制限があった。21年度は本格稼働を見込み事業化して拡充。「地域活動の担い手・ネットワーク・場づくりの推進」に1355万7千円を計上した。

 当初予算案には、防災フェア「ご近助ピクニック」や「響け!みやまえ太鼓ミーティング」などのイベント実施も盛り込んだ。区担当者は「緊急事態宣言の解除を見込んで予算立てしている」と強調。新規事業ゼロについては「コロナ禍で地域のつながりが薄まりそうな中、今あるものをどう変えていくかが課題」と話し、「コロナワクチンへの対応を滞りなく実施することを念頭に置きつつ進める」としている。

全体予算の対前年比マイナス1億6235万2千円の大幅減額は、尻手黒川線の舗装事業費分。21年度は7区共通予算として計上されている。

宮前区版のトップニュース最新6

ご当地ソング制作へ

区内作曲家長谷川弓子さん

ご当地ソング制作へ 文化

「永劫愛されるものに」

5月13日号

信徒監修「飲食店を元気に」

等覚院周辺グルメマップ

信徒監修「飲食店を元気に」 文化

祈祷を縁に制作

5月13日号

念願の地元公演

宮前平在住千葉夫婦

念願の地元公演 文化

あさって、劇団民藝

5月6日号

片山さん 総務大臣表彰

行政相談委員

片山さん 総務大臣表彰 社会

区長に報告「宮前の宝」

5月6日号

「校庭開放」モデル校設置へ

「校庭開放」モデル校設置へ コミュニティ教育

市立小、全校実施めざし

4月29日号

5月2日 市民館でイベント

ウクライナ支援

5月2日 市民館でイベント 社会

「有志の会」が発足

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook