宮前区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

性暴力根絶へ、50人が訴え 川崎駅前でフラワーデモ

社会

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
声を上げたデモ参加者ら
声を上げたデモ参加者ら

 性暴力根絶と被害者視点に立った刑法改正を訴える「フラワーデモ」が4月11日に、JR川崎駅前で開かれた。約50人(主催者発表)が集まり、「性暴力を許さない」「一人でも多すぎる」などと書かれたプラカードと花を手に声を上げた。

 約1時間のデモの後半は、自身や友人の受けた性暴力のスピーチが続いた。14歳で被害に遭った女性は「良いカウンセラーに出会えて何とか生きてきた。生きている姿を見せたくてデモにも参加した」と震える声で訴えた。男性被害者は「性被害に性別も年齢も関係ない。フラッシュバックに苦しむ人、目撃した人は相談機関に電話を掛けてほしい」と語った。

 デモは、横浜地裁川崎支部前でも実施された。同支部では3月に、当時17歳だった女性への強姦罪に問われた男性被告に対し、性的虐待は認めながらも無罪判決が出ていた。デモでは「なぜわいせつだと認めるのに無罪なのか。判決文を聞く度に司法から否定されている気がします」と被害者の声が代弁された。

︿電話相談窓口﹀

かながわ性犯罪・性暴力ワンストップ支援センター

#8891(短縮ダイヤル)
 

宮前区版のローカルニュース最新6

「不公正な社会を正し、差別をなくす」

【web限定記事】今なお続くヘイトスピーチ・デモ

「不公正な社会を正し、差別をなくす」 社会

神奈川新聞記者 石橋学さんインタビュー

5月7日号

間伐材でものづくり体験

【web限定記事】

間伐材でものづくり体験 文化

山北町で5月29日に

5月7日号

「出張所のあり方」市長へ提言

向丘地区連合自治会

「出張所のあり方」市長へ提言 社会

5月7日号

地元アイドル、改名し始動

地元アイドル、改名し始動 文化

ハニートランス「川崎を元気に」

5月7日号

地域に支えられ2周年

ティダズハウス

地域に支えられ2周年 文化

8日にイベント

5月7日号

市民館で弁当作り講座

市民館で弁当作り講座 文化

18日から申し込み開始

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter