宮前区版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

RSウイルス 時季外れの流行 例年の約3倍、市「原因不明」

社会

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 発熱や咳を主症状とするRSウイルス感染症患者の報告数が現在、市内で急増している。

 RSウイルスは、ほとんどの人が2歳までに感染し、例年は夏ごろから流行し年末にピークを迎える。市内では今年、3月から徐々に増加。2021年第16週(4月19〜25日)の報告数は24人で、過去5年間の同時期平均は約7人。例年の約3倍で、25日時点で右肩上がりを続けている。時季外れの流行に、市健康福祉局の担当者は「コロナ対策でインフルエンザの患者報告数は激減したが、同じ感染経路のRSウイルスは増えている。原因は今のところ分かっていない」と話す。

 乳児や基礎疾患のある子ども、高齢者は重症化することもあるRSウイルス。感染者の飛沫やウイルスの付着した物品などを通して感染が広がり、同局の担当者は、手洗いやおもちゃの消毒除菌を推奨している。

宮前区版のローカルニュース最新6

宮崎第4公園でバザー

宮崎第4公園でバザー 社会

「おさがりで」交流づくり

5月27日号

心のケアの企画展示

宮前図書館

心のケアの企画展示 社会

有名芸人訃報受け

5月27日号

宮前平二葉SCが初優勝

サッカー宮前区長杯

宮前平二葉SCが初優勝 スポーツ

中央大会へ

5月27日号

3年ぶり さぎ沼まつり

3年ぶり さぎ沼まつり 文化

フェスとバル

5月27日号

昔話に花咲かせ

昔話に花咲かせ 社会

若年性認知症本人の集い

5月27日号

中学給食 献立募る

川崎市

中学給食 献立募る 教育

初の生徒投票も      

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook