宮前区版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

富士見台ウルフ少年野球クラブの監督を務める 中村 幸二さん 馬絹在住 64歳

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena

反省と挑戦を大切に

 ○…前身の「土橋ウルフ」から数えると40年以上続く伝統あるチームで指揮を執り、今年で5年目。区大会優勝や県3位など、数多くの大会で好成績を収めてきた。チーム作りで意識するのは基本を大切にすること。今日も野球の面白さを伝えるべく、熱き心で子どもたちに向き合う。「少年野球は気持ちが大事。ピンチの時に、力を発揮できる子を育てたいね」とハツラツとした表情で答える。

 ○…大阪府出身。「子ども会のソフトボールチームに入ると、練習後にお菓子を貰えるから」という理由で始めた球技の道。中学校に上がり本格的に野球にのめり込んだ。高校卒業後は野球推薦で大阪学院大学に進学。就職後も草野球チームでボールを追いかける日が続いた。「考えることが多いスポーツという点が魅力。野球から色々と学んだよ」と振り返る。

 ○…商社に勤め、海外とのやり取りを行うこともあった社会人時代。心酔したのはゴルフ。週末には会社の同僚と交流に出かけた。「ゴルフも野球も戦略が重要。他のスポーツと比べて、この2つにとても魅力を感じる」と話す。「反省しても後悔するな」が人生訓。部員たちにも挑戦を続けることの大切さを投げかける。「くよくよしても仕方ない。前向きの気持ちを大切に生きている」と理念を持って行動する。

 ○…18年前に宮前区に移住後、息子の入部をきっかけに関わり始めた少年野球。今後について「野球以外の事でもさまざまな挑戦をしてみたい」とチャレンジ精神を忘れない。明日から始まる市大会。目標は優勝だ。「ただ楽しいだけでなく、野球を通してたくさんの事を考えて学び取って欲しい」と子どもたちへの思いを語った。

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

<PR>

宮前区版の人物風土記最新6

横山 晃喜さん

雅楽団体の一人として「太鼓ミーティング」のオープニングを飾る

横山 晃喜さん

犬蔵在住 27歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

7月29日号

北野 やす子さん

宮前区赤十字奉仕団委員長を務め、30年の活動を表彰された

北野 やす子さん

宮前平在住 77歳

7月22日号

中島 裕子さん

設立40周年を迎えた宮前区交通安全母の会の会長を務める

中島 裕子さん

神木本町在住 65歳

7月15日号

筒井 昭輔さん

44年前に描いた風景画を鷺沼町会に寄贈した

筒井 昭輔さん

鷺沼在住 91歳

7月8日号

松本 正さん

長崎被爆体験の語り部として活動する

松本 正さん

鷺沼在住 91歳

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook