宮前区版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

川崎フロンターレ 高齢者をサポーターに オンラインで体操教室

社会

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena
体操を行う参加者ら=かわさき記念病院提供
体操を行う参加者ら=かわさき記念病院提供

 川崎フロンターレと健康食品関連事業などを手掛けるサントリーウェルネス株式会社(本社・東京都港区)が連携し、かわさき記念病院の認知症デイケア参加者とオンライン上で交流を深めた。高齢者や認知症の人にフロンターレを知ってもらい、サポーターとして地域を支える存在になってもらうことが狙い。

 イベントは世界アルツハイマーデーにちなんだ9月21日に開催。感染症対策のため、同チームが運営するスポーツ施設「フロンタウンさぎぬま」にあるスタジオと、かわさき記念病院をオンライン映像で接続。フロンターレのマスコットキャラクター・ふろん太も登場し、クラブスタッフやインストラクターと病院に通う参加者14人が交流した。

 プログラムでは、健康教室や介護予防事業を実施しているインストラクター考案の脳トレやサントリーウェルネス(株)とのコラボタオルを活用した体操が行われた。普段とは違うデイケアサービスに参加者は「とても楽しかった」と感想。さらに病院で集めた手書きの応援メッセージや「好きです かわさき 愛の街」をテーマにした体操をサプライズで披露し、チームを支える思いを伝えた。

 同チーム担当者は「今後もスポーツに限らず、市民の皆さんに親しんでもらえるクラブを目指したい」と強調。病院の担当者は「ふろん太くんの登場に喜んでいる人もいて好評でした。また一緒に地域のためになる活動を進めたい」と抱負を述べた。

民間企業と連携

 取り組みは、サントリーウェルネス(株)が推し進める「Be Supporters!」プロジェクトの一環。「支えられる人から支える人へ」をコンセプトに、高齢者や認知症の人がクラブや地域を支える存在になっていくことを目指している。同社とフロンターレは、これまで録画映像で同病院のデイケア参加者に健康体操を提供してきたが、今回初めて中継で実施された。

宮前区版のトップニュース最新6

地域の力で新たな祭

向丘地区

地域の力で新たな祭 文化

11団体が集結 10月開催へ

8月12日号

「不適合生コン」市内20棟

「不適合生コン」市内20棟 社会

再利用で建基法抵触

8月12日号

宮前図書館で記念展

友好都市提携30周年

宮前図書館で記念展 文化

関連書籍や現地写真

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

SDC開設へ 意見交換

まちづくりの新たな仕組み

SDC開設へ 意見交換 社会

区民16人が仕組み検討

7月29日号

区内から5人表彰

市環境功労者

区内から5人表彰 社会

地道な活動に光

7月29日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook