宮前区版 掲載号:2021年12月17日号 エリアトップへ

川崎花卉園芸 福祉施設に花寄贈 県馬主協会の協力で

社会

掲載号:2021年12月17日号

  • LINE
  • hatena
同社から花を受け取る正木園長(右)
同社から花を受け取る正木園長(右)

 川崎市内唯一の花き卸売事業者、川崎花卉園芸(株)(柴崎太喜一代表取締役社長/本社水沢)が、このほど市内福祉施設に花の無償提供を始めた。

 同社が取り扱う商品の売れ残りや規格外により廃棄処分されている草花を、市内21の公立保育所と10の高齢者施設に無償提供。廃棄ロスの削減による環境負荷低減や、草花の新たな需要掘り起こしを通じ花き市場活性化、川崎競馬のイメージアップ、福祉施設の潤い確保を目指す。同社の笹嶋洋平取締役は「ほんの少しの変色で売り物にならなくなる。少しでも何かの役に立てばうれしい」と話している。

 川崎競馬場で出走する競走馬の馬主からなる(一社)神奈川県馬主協会(田中準市会長/会員数600人)から寄付された20万円を配送代に充て、箱のままなど卸売販売の状態で郵送する。第1回目は河原町保育園(幸区)に贈られ、取り組みがスタート。12月10日には直接同社が菅生保育園を訪れ、約200本の生花を届けた。正木優子園長は「コロナ禍にホッとする少し早いクリスマスプレゼント」と笑顔で感謝を述べた。

 川崎競馬場担当者が、北部市場に異動したことをきっかけに、両者をつないだ。協会担当者は「地域福祉の一助になれば。喜んでもらえるようなら継続していきたい」と意欲を語った。

宮前区版のローカルニュース最新6

拉致被害に関心を

拉致被害に関心を 社会

横田めぐみさん写真展

5月20日号

キャッシュレス納付推進へ

川崎北税務懇話会

キャッシュレス納付推進へ 社会

北税務署と連携、周知図る

5月20日号

体育室利用不可に

宮前スポセン

体育室利用不可に 社会

天井改修工事で半年

5月20日号

献血を呼びかけ

区内RC

献血を呼びかけ 社会

48人が協力

5月20日号

10年ぶりに全幕公演

ワイダンスカンパニー

10年ぶりに全幕公演 文化

教え子、海外からも

5月20日号

お待たせロビコン

お待たせロビコン 文化

5月27日、向丘出張所

5月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook