宮前区版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

さぎ沼まつり 3年ぶり地域に活気 特設会場に約1万5千人

コミュニティ社会

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena
鷺沼ゆかりの「ゆるキャラ」も集合(上)、大賑わいのテイクアウトブース
鷺沼ゆかりの「ゆるキャラ」も集合(上)、大賑わいのテイクアウトブース

 さぎ沼商店会(菅原一夫会長)は6月4日、コロナ禍で中止を余儀なくされていた「まちフェス」を3年ぶりに開催した。鷺沼駅前特設会場には延べ約1万5千人が来場し、ステージパフォーマンスやテイクアウトマーケット、スタンプラリー企画などを楽しんだ。11日(土)までは「まちバル」も実施。菅原会長は「街を活気づけたい」と秋の開催も視野に入れる。

 鷺沼の「まつり」が3年ぶりに帰ってきた―。同商店会では毎年、「さくらまつり」と「秋まつり」の2大イベントを実施してきたが、この2年間はコロナの影響で中止に。今回のイベントは「さぎ沼まつり」と称し、感染症対策に配慮した上で開催にこぎつけた。集客を狙った「フェス」と、人の流れやコロナ禍で苦しんできた飲食店の支援を目的にした「バル」を企画した。

 特設ステージでは、有馬中学校吹奏楽部など12団体が発表。出演者を応援しようと、代わる代わる多くの関係者が会場に詰めかけた。出演者は「発表の場が少なかったのでうれしい」と口をそろえた。家族でステージを観ていた落合奏向さん(宮崎小2年)は「ダンスを習っているのでお姉さんたちの発表が楽しみ」と笑顔で話した。

 鷺沼ゆかりの「ゆるキャラ」の撮影会も大盛況。テイクアウトブースには9つの商店会加盟店が出店した。パソコン教室を営む橋本真樹さん(43)は菊芋関連商品を販売し、「まつりがあると交流できていいね」と友人との久しぶりの再会を楽しんでいた。

 一方、11日まで開催中の「バル」。会場や参加店でもらえるチラシを持参し参加店で飲食すると、同会のキャラクター「さぎぴょん」をデザインしたグッズがもらえる企画だ。参加店の一つ駿河鮨の西野謙二店主は「地域への恩返しのつもりで参加した。バル客は初日で15人」と話し、「スタンプラリー企画にも協力しているが、そちらは驚くほどの人がやってきた」とイベントの盛況ぶりを語った。

 菅原会長は「街に活気が戻ってきた。できれば秋にも企画したい」と思いを語った。

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

「猛毒キノコに気を付けて」

東高根森林公園

「猛毒キノコに気を付けて」 社会

県内増加 チラシで警鐘

8月19日号

新たな「宮前音頭」完成

新たな「宮前音頭」完成 文化

区内の名所ちりばめ

8月19日号

地域の力で新たな祭

向丘地区

地域の力で新たな祭 文化

11団体が集結 10月開催へ

8月12日号

「不適合生コン」市内20棟

「不適合生コン」市内20棟 社会

再利用で建基法抵触

8月12日号

宮前図書館で記念展

友好都市提携30周年

宮前図書館で記念展 文化

関連書籍や現地写真

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook