高津区版 掲載号:2018年8月17日号 エリアトップへ

「飛行機が家の裏山に落ちた」 終戦から73年 末長在住の関口さんに聞く

社会

掲載号:2018年8月17日号

  • LINE
  • hatena
当時の思い出を語る関口さん
当時の思い出を語る関口さん

 太平洋戦争の終戦から今年で73年。川崎でも73年前の4月15日、市内人口の約3分の1の10万人を超える羅災者が出た川崎大空襲があった。そして、高津でも空襲が何度もあった。末長で生まれ育ち、当時小学生だった関口弘さん(80)に話を聞いた。

3日に一度、空襲警報が

 「当時、この周辺には日本工学という軍需工場が広くあってね。だから狙われたんだろうね」

 記憶する限りで一番最初に爆弾が落ちたのは1943(昭和18)年。日本工学を狙った爆弾が、今の第三京浜川崎インター辺りに落ちた。「それからは3日に1度は空襲警報が鳴るくらい、頻繁に空襲があった」。

 末長周辺でも寺や民家が焼夷弾で焼け、爆弾の直撃を受けた家も数多くあった。近所の住民が機銃掃射に襲われ、薬医門の岡先生のところへ皆で担いで運んだこともあるという。

 「一番印象に残っているのは、家のすぐ裏手の山に艦載機のグラマンが落ちたことかな。炎上はしなかったので、その後しばらくは登下校の際に飛行機にぶらさがったりして遊んでいたよ」。不発だった焼夷弾のリボンを近所の人と鋏で切って草履の鼻緒にしたこともあった。「使えるものは何でも使ったんだよ、あの時分はね」と笑う。

 「でも、戦争が終わって、子どもながらに『やっとこれでゆっくり眠れる』と思った。戦争は生活の全てを変えてしまう。二度と起こしてはならないね」。

高津区版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

集中豪雨への対策を

高津消防署

集中豪雨への対策を 社会

多摩川で水防訓練

6月14日号

久本BAが4連覇

久本BAが4連覇 スポーツ

第18回会長JNS杯

6月14日号

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え 文化

30日 午後4時から

6月14日号

薬医門公園で七夕まつり

薬医門公園で七夕まつり 文化

短冊づくりや陶芸展も

6月14日号

「あじさい寺」見頃に

久地駅から臨時バスも

「あじさい寺」見頃に 文化

16日 長尾でまつり

6月14日号

一躍脚光、新作の「町工場」

一躍脚光、新作の「町工場」 社会

 ブラックホール撮影支えた技術力が話題に

6月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音楽と絵本が一体に

音楽と絵本が一体に

23日、市民館でコンサート

6月23日~6月23日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その3 英 径夫さん

    6月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク