高津区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 石橋さんが総務大臣賞

    少年消防クラブ

    石橋さんが総務大臣賞 文化

    指導者として高津区初

     高津地区少年消防クラブの運営委員長を務める石橋明彦さん(下作延在住)が優良な指導者に贈られる総務大臣賞を受賞し、3月31日、高津消防署で伝達式が行われた。少年...(続きを読む)

    4月10日号

  • 「自粛」の中、1400件減

    市救急出動

    「自粛」の中、1400件減 社会

    新型コロナ対策が影響

     年間の救急出動件数が11年連続で過去最多を記録している川崎市は、救急需要に応えるため今月1日から救急隊を増隊。新体制で始動したものの、新型コロナウイルス感染症...(続きを読む)

    4月10日号

  • 台風以来、半年ぶり再開

    多摩川緑地BBQ広場

    台風以来、半年ぶり再開 社会

    コロナ感染予防、対策に注力

     昨年の台風19号の影響で使用中止だった多摩川緑地バーベキュー広場(瀬田)が4月15日から再開となる。運営者は大勢の利用者が来場することから、新型ウイ...(続きを読む)

    4月3日号

  • 「オンライン」に活路を

    タウンレポート

    「オンライン」に活路を 社会

    コロナ自粛の中、区民模索

     川崎市内でも「小中高の一斉臨時休校」が始まって今日でちょうど1カ月。依然猛威を揮う新型コロナウイルスの影響で活動自粛を余儀なくされている一部の区民や...(続きを読む)

    4月3日号

  • 新制度に相談急増

    川崎市中小融資

    新制度に相談急増 経済

    コロナ窓口、半月で875件

     新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した中小企業から、川崎市への経営相談が3月に入り、急増している。窓口への相談件数は23日までに900件に迫り、市は支援策と...(続きを読む)

    3月27日号

  • 高津区企業2社に表彰状

    生産性向上働き方改革

    高津区企業2社に表彰状 社会

    先駆者的な取組みを評価

     昨年春に政府が掲げた流れを踏まえ、川崎市では「生産性向上及び働き方改革の優れた取組」を行う市内中小企業を表彰した。今回対象となった企業は7社。そのうち高津区内...(続きを読む)

    3月27日号

  • 河川逆流時は「ゲート閉門」

    川崎市台風検証

    河川逆流時は「ゲート閉門」 社会

    4月に最終結果、住民説明へ

     昨年の台風19号による排水樋管周辺地域などの浸水被害について、川崎市は3回目の検証委員会を今月13日に実施。管内で河川が逆流したときは、水門ゲートを閉門にする...(続きを読む)

    3月20日号

  • 国文化財に正式登録

    二ヶ領用水

    国文化財に正式登録 文化

    川崎市 案内板新設へ補助金申請

     川崎市を流れる二ヶ領用水が3月10日、遺跡関係の文化財として国登録記念物に正式決定。流域に案内板を新設しようと、市教育委員会は文化庁への補助金申請を進める。市...(続きを読む)

    3月20日号

  • 瀧村さんが新会長に

    「加入促進」課題に取り組む

    瀧村さんが新会長に 社会

     川崎市全町内会連合会の正副会長、役員会議が3月3日に開催され、高津区全町内会連合会の会長を務める瀧村治雄(82)さんが新会長に就任した。瀧村会長は「オール川崎...(続きを読む)

    3月13日号

  • 「地元文化を守りたい」

    溝ノ口劇場

    「地元文化を守りたい」 社会

    存亡危機、安全確保に全力

     地元のカルチャー創造拠点として、様々な話題を提供する「溝ノ口劇場」(重岡俊之オーナー)が苦境に喘いでいる。全国的に猛威を揮う新型コロナウイルスの影響次第では施...(続きを読む)

    3月13日号

  • 加入促進へ「PRブース」

    高津区内の自治会・町内会

    加入促進へ「PRブース」 社会

    区役所に開設 28日から

    各種相談窓口にも 高津区役所の1階に、3月28日(土)から「町内会・自治会相談コーナー」が開設する。...(続きを読む)

    3月6日号

  • 休校で学習支援 急務

    川崎市立校

    休校で学習支援 急務 社会

    コロナ対応、居場所確保も

     新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全ての川崎市立小中高校で今月4日から臨時休校が始まった。保護者から学習時間の減少を不安視する声が挙がっており、市教育委...(続きを読む)

    3月6日号

  • 整備計画、1年繰り下げ

    橘官衙遺跡群

    整備計画、1年繰り下げ 社会

    文化庁の助言受け

     川崎市は市内初の国史跡に指定されている橘樹官衙(たちばなかんが)遺跡群の整備計画の一部見直しを、2月7日に公表した。建物復元のための調査に想定以上の時間を要す...(続きを読む)

    2月28日号

  • 台風被害受け、防災に注力

    高津区予算案

    台風被害受け、防災に注力 社会

    事業費、前年比3割増

     高津区が2020年度に進める事業概要の予算案がこのほど発表された。予算案は前年比約2760万円増の約8億9070万円を計上。昨年の台風被害を受け、防災事業費は...(続きを読む)

    2月28日号

  • 「前段階」識別に新検査

    認知症対策

    「前段階」識別に新検査 社会

    市、タブレット使い試行へ

     認知症高齢者数の増加を受け、川崎市は認知症の一歩手前となる「軽度認知障害」(MCI)の疑いを簡易検査する取り組みを7月から試験的に実施するとし、2020年度予...(続きを読む)

    2月21日号

  • 「冬の風物詩」今年も

    大山街道ふるさと館

    「冬の風物詩」今年も 文化

    フェス装い新たに開催へ

     高津区内をはしる大山街道や沿線の活性化、住民同士の交流などを目的に開催されていた「大山街道フェスタ」。昨年、区民に惜しまれつつ15年の歴史に幕を閉じたこのイベ...(続きを読む)

    2月21日号

  • 風水害対策に81.9億円

    川崎市予算案

    風水害対策に81.9億円 経済

    復旧継続、「備え」強化へ

     川崎市は10日、2020年度の予算案を発表し、風水害対策として81・9億円を盛り込んだ。昨年の台風19号で被災した家屋の解体撤去、多摩川緑地の復旧に加え、避難...(続きを読む)

    2月14日号

  • 「自由通路」6月供用へ

    JR南武線津田山駅

    「自由通路」6月供用へ 社会

    利用者の”悲願”まもなく

     アクセスの向上などを目的に、2017年から各種工事などが進められてきたJR南武線「津田山駅」。橋上化(きょうじょうか)事業の進捗にあわせ昨年、一部供用が始まっ...(続きを読む)

    2月14日号

  • リーグ戦一旦中止で「恩返し」

    高津親睦ソフト

    リーグ戦一旦中止で「恩返し」 社会

    地域ボランティア申し出

     昨年台風19号の影響で多摩川河川敷の運動施設の利用禁止を受け、高津親睦ソフトボールリーグ(栗田栄治会長)は、3月から始まるリーグ戦を「一旦」中止することを決定...(続きを読む)

    2月7日号

  • エジプトから“授業参観”

    上作延小学校

    エジプトから“授業参観” 教育

    「自主性重視」の利点伝える

     区内にある上作延小学校(小林美代校長)に1月28日、エジプトの教育関係者が訪れ、同校の授業の様子などを視察した。日本とエジプトの両国で締結されている「教育パー...(続きを読む)

    2月7日号

  • つながり「希薄化」解消へ

    急増する集合住宅

    つながり「希薄化」解消へ 社会

    2月8日 専門家が講演会

    区内に分譲500棟 近年、川崎市内では集合住宅が急増。高津区内にも築年数、規模なども様々な500棟を超える分譲マンションが...(続きを読む)

    1月31日号

  • 念願叶え「晴れ舞台」へ

    北見方在住石関武之さん

    念願叶え「晴れ舞台」へ 文化

    全国俳句大会で特選輝く

     区内・北見方在住の石関武之さん=今号人物風土記=が「NHK全国俳句大会」で特選を受賞した。大会の様子は1月26日に都内・NHKホールで公開収録され、石関さんも...(続きを読む)

    1月31日号

  • 「サンレッド」人気健在

    区内舞台ギャグ漫画

    「サンレッド」人気健在 文化

    新刊出版にファン歓喜

     区内・溝口エリアを主な舞台としたギャグ漫画「天体戦士サンレッド」のスピンオフ(外伝)作品「天体戦士サンレッドN」が1月17日に出版された。地域密着を強く打ち出...(続きを読む)

    1月24日号

  • 「特別教室」1割止まり

    市立小中施設利用

    「特別教室」1割止まり 教育

    市、モデル事業で促進へ

     川崎市内の市民活動や生涯学習の場として開放されている学校施設で、音楽室や図書室など特別教室の利用が進んでいない。コミュニティ施策の一つとして学校の活用方法を探...(続きを読む)

    1月24日号

  • 地元愛、醸成の起爆剤に

    ダンス聖地「溝口」

    地元愛、醸成の起爆剤に 文化

    19日、高津区初のイベント

     ダンスで地域を盛り上げようと、高津区は初の参加型イベント「ダンス!ダンス!たかつ2020」を1月19日(日)、高津市民館で開催する。ジャンルを問わず21団体が...(続きを読む)

    1月17日号

  • 救急出動 30年で2・5倍

    川崎市

    救急出動 30年で2・5倍 社会

    7万5千件、11年連続最多

     昨年、川崎市内の救急出動件数が7万5513件に上り、前年比2659件増で11年連続の過去最多となった。平成元年(3万420件)から令和元年まで、30年でおよそ...(続きを読む)

    1月17日号

  • 「未来の高津」実現に向けて

    「未来の高津」実現に向けて 政治

    高梨区長が抱負語る

     本紙では元旦号の市長インタビューに続き、高津区の高梨憲爾区長に区政の現状や展望を聞いた。高梨区長は昨年を振り返ると共に今年の抱負などを語った。(聞き手/本紙・...(続きを読む)

    1月10日号

  • 獅子舞で正月風情再現

    子母口4町会

    獅子舞で正月風情再現 文化

    囃子保存会メンバー尽力

     正月ムードに包まれた高津区内では1月2日に子母口囃子保存会(遠藤勝太郎会長)のメンバーが昔ながらの情景を再現。獅子やひょっとこ等の舞を披露しながら子母口にある...(続きを読む)

    1月10日号

  • 多様な魅力 「創発」で

    多様な魅力 「創発」で 政治

    福田市長、2020年を語る

     2020年の幕開けにあたり、本紙は福田紀彦川崎市長に恒例の新春インタビューを行った。「オリンピックイヤー」を踏まえたまちづくりの方向性を示し、台風など自然災害...(続きを読む)

    1月1日号

  • 「目標は往路優勝、総合3位」

    国学院大

    「目標は往路優勝、総合3位」 スポーツ

    歴史を変える挑戦へ

     大山街道で練習する陸上部員の姿が地元の風物詩になるなど、高津区とゆかりの深い国学院大学が、明日1月2日と3日に行われる第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根...(続きを読む)

    1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その4 高品千鶴子さん

    4月10日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク