高津区版

トップニュースの記事一覧

  • 「民泊」住宅街で可能に

    「民泊」住宅街で可能に 社会

    市、制度周知し安全確保へ

     住宅で宿泊事業を行う「民泊」の新法施行により、全国の住居専用地域で民泊が開設できるようになる。川崎市は区域や日数に制限を設けず取り組む方針だが、制度の市民周知...(続きを読む)

  • 炊き出し経験、料理本に

    熊本地震2年

    炊き出し経験、料理本に 社会

    久本在住・山本さんら制作

     熊本地震から2年となる4月14日、久本在住の山本美賢さん(54)が中心となる制作チームが「おいしいミニ炊き出しレシピブック」を発行した。節水料理や限...(続きを読む)

  • 「友引」 火葬受け入れへ

    市営2施設

    「友引」 火葬受け入れへ 社会

    夏冬に12日ずつ開場

     市営火葬場のかわさき北部斎苑(高津区)とかわさき南部斎苑(川崎区)では、近年の火葬需要の高まりを受け、今年度から「友引日」の受け入れを本格的に始める。夏場の対...(続きを読む)

  • 「事故ゼロ」めざし50年

    高津区「母の会」

    「事故ゼロ」めざし50年 社会

    女性の力、地道に結集

     高津区交通安全母の会が4月6日、発足50年を迎えた。県内初の「母の会」として「交通安全は家庭から」を掲げ、交通安全を地域に啓発してきた。「交通事故ゼロを目指し...(続きを読む)

  • 新栽培アスパラが初出荷

    新栽培アスパラが初出荷 経済

    市・JA「ブランド化に期待」

     麻生区黒川地区で新しい栽培方法で育てたアスパラガスが初収穫を迎えた。高付加価値生産物として期待され、3月中旬からJAセレサ川崎「セレサモス麻生店」の店頭に並ん...(続きを読む)

  • 溝口など4駅で道路整備

    自転車安全対策

    溝口など4駅で道路整備 社会

    市が新方針、事故抑制へ

     川崎市は自転車の利用者が多い武蔵溝ノ口駅など市内4駅を特定駅として道路環境を整備する方針を打ち出した。鉄道駅を中心に自転車専用レーンや駐輪場を整備し、安全な自...(続きを読む)

  • 校内看護「やっと拡充」

    医療的ケア児

    校内看護「やっと拡充」 社会

    保護者の声、市が実現へ

     川崎市は、市立小中学校に通う医療的ケア児(たん吸引や胃ろうによる栄養の注入など日常的に生活支援が必要な子ども)への看護師の巡回を2018年度から拡充する。県内...(続きを読む)

  • 市民2人が人命救助

    市民2人が人命救助 社会

    高津消防署から表彰状

     高津消防署(富樫剛署長)は3月23日、街中で突然、心肺停止状態に陥った男性を的確な応急処置でその命を救ったとして市民2人に表彰状を贈った。富樫署長は「二人の勇...(続きを読む)

  • 部活指導員 6月に導入

    市立中

    部活指導員 6月に導入 教育

    教職員の多忙化解消へ

     部活動に携わる市立中学校の教職員の多忙化解消に向け、川崎市は新たに「部活動指導員」制度を2018年度から導入する。外部の指導者が顧問や大会引率などを担える仕組...(続きを読む)

  • 市民提案事業に3団体

    高津区

    市民提案事業に3団体 経済

    広報や世代交流で独自企画

     「高津区市民提案型協働事業」の2018年度実施事業が3月22日に発表された。今回は「一般社団法人カワサキノサキ」「にこにこあおむし人形劇団」「文化パートナーズ...(続きを読む)

  • 藤嶋氏が名誉市民に

    藤嶋氏が名誉市民に 社会

    岡本太郎以来、25年ぶり

     文化勲章を昨年受章した中原区在住の化学者、藤嶋昭氏(76)が「川崎市名誉市民」へ――。きょう16日の市議会で議決される見通しだ。51年前に発見した光...(続きを読む)

  • 地ケア・防災に力点

    高津区予算案

    地ケア・防災に力点 経済

    約8億7千万円を計上

     川崎市が先月公表した2018年度当初予算案で、高津区の予算額は前年度比約1421万6千円減(1・6%減)の8億7165万7千円だった。地域包括ケアシステムの推...(続きを読む)

  • 高齢化で70代1.4倍

    民生委員

    高齢化で70代1.4倍 社会

    欠員212人、市が充足へ

     川崎市の民生委員・児童委員のうち70代が551人で約36%を占め、2月26日までおよそ1年で156人増えていることが分かった。市内で必要とされる定数1756人...(続きを読む)

  • 12年の集大成、次代へ

    高津区区民会議

    12年の集大成、次代へ 社会

    きょう、区長に最終期報告書

     今期いっぱいでの休止が決まっている、高津区区民会議の第6期最後の全体会議が3月2日に区役所内で開かれた。2年間の活動をまとめた報告書は、きょう9日の区民会議フ...(続きを読む)

  • 改良土 使用再開へ

    川崎市公共工事

    改良土 使用再開へ 経済

    震災後、自粛解除で工費減

     川崎市は東日本大震災直後から使用を控えていた公共工事の埋め戻しで使う改良土について、4月からの使用再開を発表した。震災から7年が経過し、放射性物質濃...(続きを読む)

  • 神輿の魂 担継ぎ30年

    睦高津連合会

    神輿の魂 担継ぎ30年 社会

    式典に200人、節目祝う

     高津地区の神輿団体「睦高津連合会」(平山政勝会長)が発会30周年を迎え、2月18日にホテルKSPで記念式典を行った。会場には来賓や関係者ら約200人が参加。鏡...(続きを読む)

  • アウトドアと防災、一緒に

    アウトドアと防災、一緒に 社会

    多摩川BBQ広場で初開催

     アウトドア要素を盛り込み、防災の知識を身につける「カワサキキャンプin多摩川」が2月25日(日)、川崎市多摩川緑地バーベキュー広場(高津区瀬田先)で開催される...(続きを読む)

  • 街灯48基をLED化

    溝口中央商店会

    街灯48基をLED化 社会

    防犯効果にも期待

     溝口中央商店会(安原正洋会長)の街灯48基全てがこのほどLED化された。通り沿いの店舗からは「以前よりも明るくなった」と評判で、防犯効果も期待されている。...(続きを読む)

  • 区内から8人受賞

    市青少年健全育成功労者

    区内から8人受賞 社会

    長年の活動を評価

     「川崎市青少年健全育成功労者」の2017年度の表彰式が2月5日に市役所第4庁舎で行われ、川崎市全体で60人が受賞した。高津区では8人が受賞し、それぞれの活動を...(続きを読む)

  • 「空き家」判定に640軒

    川崎市

    「空き家」判定に640軒 社会

    所有者の意向確認、開始へ

     空き家の実態把握のために川崎市が実施した現地調査の結果が先月公表され、昨秋時点で市内に約640軒の空き家があることが分かった。建物の有効活用に向け、市は来年度...(続きを読む)

  • 子ども、経済活性に注力

    川崎市予算案

    子ども、経済活性に注力 経済

    過去最大規模の7,366億円

     川崎市は2月6日、2018年度の予算案を発表した。一般会計は4年連続で過去最大規模となる7366億円(前年度比278億円増)。福田市長は予算編成の根幹に「成長...(続きを読む)

  • 76歳、「真の鉄人」へ

    カワサキSC堀内さん

    76歳、「真の鉄人」へ スポーツ

    多摩川で40年、世界へ挑戦

     水泳、自転車、長距離走(ラン)の総距離226Km、世界で最も過酷なレースの一つ「アイアンマン世界選手権」に今年10月、76歳で出場するトライアスリートがいる。...(続きを読む)

  • 週605人 区内で倍増

    インフルエンザ

    週605人 区内で倍増 社会

    市内患者数は過去最多

     川崎市内のインフルエンザの発生状況が1月24日に発表され、高津区内10カ所の定点医療機関の患者報告数が605人(1月15日〜21日)で、前週より倍増しているこ...(続きを読む)

  • 信号機に「円筒分水前」

    高津青年会議親睦会

    信号機に「円筒分水前」 社会

    標識で、親切な道しるべ

     高津青年会議親睦会(柳下久光会長)が久地第1町内会(瀧村治雄会長)や行政と協力し、久地円筒分水そばの交差点信号機に「円筒分水前」という地点名標識を設置した。高...(続きを読む)

  • 高校生 初の議員体験

    川崎市議会

    高校生 初の議員体験 政治

    「18歳選挙権」意識向上へ

     川崎市議会(松原成文議長)は1月20日、初の取り組みとなる「高校生議会」を開催した。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことに伴い、高校生の主権者教育のため...(続きを読む)

  • 連覇へ「より攻撃的に」

    川崎フロンターレ

    連覇へ「より攻撃的に」 スポーツ

    地元出身・齋藤選手が加入

     昨年、クラブ創設21年目で悲願のリーグ初優勝を遂げた川崎フロンターレ。連覇を狙うチームの2018年新体制発表会が1月21日、市内のカルッツかわさきで開催され、...(続きを読む)

  • 「在宅」強化 29施設増へ

    川崎市高齢者ケア

    「在宅」強化 29施設増へ 社会

    介護保険法改正で新計画

     川崎市が先月公表した介護や医療に関する新計画案に、高齢者在宅ケア施設を29カ所増設することなどが盛り込まれた。4月施行の改正介護保険法に向け、市は高齢者の自立...(続きを読む)

  • 高津区から2会長

    市自治功労賞

    高津区から2会長 社会

    地域の安全・安心に尽力

     地域住民の福祉や住民自治の振興、発展に貢献した町内会・自治会長を表彰する「川崎市自治功労賞」の受賞者がこのほど発表され、区内からは久末町内会の森幸男さんと、梶...(続きを読む)

  • 前年比3倍超に急増

    高津区詐欺被害額

    前年比3倍超に急増 社会

    発生件数は市内最少

     高津警察署によると、2017年に区内で発生した振り込め詐欺の被害総額が6193万円超で、一昨年の約3・4倍に増えたことが分かった。県全体では同時期の被害額が5...(続きを読む)

  • いのち輝く社会 実現を

    黒岩知事インタビュー

    いのち輝く社会 実現を 政治

    神奈川モデルを世界に

     年頭にあたり、本紙では黒岩祐治神奈川県知事にインタビューを行った。知事は「いのち輝く」をキーワードに施策を展開し、人生100歳時代に向け「未病(ME-BYO)...(続きを読む)

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

おいしいお米の選び方

おいしいお米の選び方

ふるさと館でマイスター講座

5月20日~5月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク