高津区版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

90歳スイマー、元気の秘訣 定年から始め、獲得メダル300超

スポーツ

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
今年、日本スイミングクラブ協会関東支部から「最優秀ベストスイマー」に選ばれた東海林さん
今年、日本スイミングクラブ協会関東支部から「最優秀ベストスイマー」に選ばれた東海林さん

 今年卒寿を迎え、9月19日から福岡で開催される日本マスターズ水泳選手権に出場する現役スイマーがいる。区内在住の東海林昌子さん(90)がその人。これまで獲得したメダル数は300以上という東海林さんに、元気の秘訣を聞いた。

 東海林さんは現在、NECグリーンスイミングクラブ溝の口で週3回、練習している。在籍するのは上級者コース。1回の練習で1200mから1500mを泳ぐ。60、70代が中心の同コースでは東海林さんが最高齢だ。

 東海林さんは「練習が嫌だなと思ったことは一度もなくて。一緒に練習している人から『目標です』と声をかけられるのが嬉しい」と話す。

 水泳を習い始めたのは定年を迎えた60歳の時。

 子どもの頃から泳ぐことが好きだったが、戦時中は水泳授業が休止になることも多かった。「空襲やプールの水がなかったことも。釣り好きの父と一緒に海へ行き、よく泳いだ」と振り返る。

 そのため、仕事がひと段落したときは「泳ぎたくて仕方なかった」と同クラブへ即入会した。30年間、練習を休んだことは「ほぼない」という。

「すっと背筋が伸びる」

 東海林さんが練習のモチベーションとしているのが大会の出場。年間10大会出場し、獲得してきたメダルは300個以上。3月に行われた神奈川マスターズでは、50m自由形(90歳〜94歳区分)で大会新記録を更新した。

 娘の松平弘子さん(57)は「スタート台に立つとすっと背筋が伸びるんです。レースの後は、『私の泳ぎどうだった?』って感想を求めてくる。その姿に応援している家族も胸が熱くなる」と話す。

 東海林さんを指導するひとり、河合大輔コーチも「練習中に今の泳ぎはどうかと確認してくる。東海林さんは目標をしっかり定め、その上で無理をせず、自分のペースで練習しているところがすごい」と話す。

具だくさん味噌汁が源

 東海林さんの体力を支えるのは1日3度の夫との食事。一緒に買い物へ出かけ、自ら料理する。特に、3種類以上の具材が入った「具だくさん味噌汁」「クルミのこうなご和え」「ニンニク梅肉漬け」「らっきょう」は欠かさない。「夫もフィットネスで運動している。お互いの元気の秘訣は食事かな」と微笑む。

願いは「泳ぎ続けること」

 大会に出場した時、レース後に必ずプールに向かって一礼する。「『健康に泳がしてくれてありがとうございます』って心の中でね」。

 ライバル達と握手をし、次回の大会出場を約束する。願いは「少しでも長く泳ぎ続けること」。90歳スイマーは、今日も泳ぎ続ける。

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

「本年は何事もなく平和な年に」

再犯防止に連携強化を

高津区保護司会

再犯防止に連携強化を 文化

1月24日号

「今年も氏子が中心となり盛り上げたい」

60回目の研修大会

川崎市幼稚園協会

60回目の研修大会 教育

未来の幼児教育像、講演も

1月24日号

往年の名曲を歌う

法政大学神奈川県校友会

往年の名曲を歌う 文化

参加者を募集中

1月24日号

フリーアナが講演

2月4日高津市民館

フリーアナが講演 教育

ハンセン病、性暴力の現場から

1月24日号

愛された味、37年歴史に幕

溝口初の老舗洋食店

愛された味、37年歴史に幕 文化

建て替えで1月末閉店

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク