高津区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

南房総に支援物資 久本在住 山本さんら結束

社会

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
山本さん(左)=本人提供
山本さん(左)=本人提供

 9月9日の台風15号により大きな被害を受けた千葉県南房総市を支援しようと、一般社団法人減災ラボ(横浜市中区)の理事で久本在住の山本美賢さん(56)ら有志が連携。理事仲間同士で「トカイナカヴィレッジ」(多摩区)を拠点に活動する西山雅也さん(53)と協力し、現地にブルーシートなど物資を輸送した。

 今回の支援活動は、農産物を手がけるトカイナカヴィレッジと、漁業が盛んな南房総市千倉地区などで活動するNPO法人「南房総リパブリック」が、数年前から「山と海」の視点で連携を模索していたことがきっかけ。山本さんは、台風上陸の直後に家屋の屋根補修のためのブルーシートが不足していると同法人から連絡を受け、調達に乗り出した。

 「被災地へ土のう袋を送るプロジェクト」に携わり、建築業を営む西山さんは山本さんの相談を受け、ブルーシートを押さえる土のう袋約700枚をはじめ家屋復旧に必要な資材を収集。土のう袋は、昨年の西日本豪雨後に集めた約300枚も含まれ、これらには以前から被災地支援に取り組む市立南生田中学校(多摩区)の生徒が励ましのメッセージや挿絵を描き込んでいる。

 同法人ほか現地からの情報をもとに、山本さんは資材に加え食糧や生活用品を車に積み込んで12日朝に出発し、復旧に取り組む工務店の協力を得て物資を送り届けた。

 「住宅が密集していない地区は特に、情報が行き届いていない印象だった」と山本さん。西山さんは「初期段階では、すぐにほしい物資が被災者に行き届かないケースが多い。弱者向けに、必要な物資をいち早く届けることが大切」と強調する。

 今回の物資輸送にあたっては、減災ラボを窓口に寄付金を募集。今後も継続し、必要な支援に役立てたい考えだ。

高津区版のローカルニュース最新6

「エコステ」の秘密を探る

「エコステ」の秘密を探る 教育

武蔵溝ノ口駅を見学

11月26日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

11月26日号

俳句は「歴史の証言」

俳句は「歴史の証言」 文化

全国大会に110人

11月26日号

「いつもありがとう」

川崎めぐみ幼稚園

「いつもありがとう」 教育

感謝込め、警察・消防訪問

11月26日号

言葉遊び、楽しむ

言葉遊び、楽しむ 教育

橘小で「だじゃれの時間」

11月26日号

川崎との歩み 語る

日本地名研究所

川崎との歩み 語る 文化

文化賞受け、記念講演会

11月26日号

川崎市北部のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook