高津区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

市文化賞 区内3人1団体が受賞 地名研らに栄誉

文化

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
片岡正さん
片岡正さん

 川崎市は9月7日、2021年度の市文化賞等の受賞者を発表した。学術や文化活動、社会福祉などの分野で功績のある6人2団体が選出され、高津区からは文化賞に日本地名研究所=溝口、社会功労賞に前川崎市医師会副会長の片岡正さん(69)が選ばれた。

地元への愛着深め

 今年発足40年となる日本地名研究所(個人会員200人、加盟団体40)は、設立以来川崎市を拠点に地名の由来に関する学術研究を重ね、全国の地名研究の中心的な役割を担ってきた。市内では『川崎の町名』、『川崎地名辞典』をまとめたほか、市民講座などを通じて地域の歴史や文化への理解や、地元への愛着を深める機会を提供している。受賞を受け、菊池恒雄事務局長は「評価して頂いたものをどう継続していくかが課題。今年から改訂作業を進める『川崎の町名』には、多くの協力者が集まっており、市民一体となった活動を形として残していけるのでは」と話す。

小児医療発展に貢献

 梶ヶ谷でかたおか小児科クリニックを営む片岡正さんは、開院以来地域の小児科医として母子保健の向上に尽力。川崎市医師会の副会長も務め、病児・病後児保育施設の開設や小児救急医療体制の整備に努めるなど子育て支援体制の充実や小児医療発展に貢献してきた。新型コロナ対応に際しては市や医療関係団体と連携し、感染症検査やワクチン接種体制の構築にあたった。片岡さんは「私でいいのかという思いもあるが活動を評価して頂けたことを喜んでいる」とコメント。現在は副会長を退任しているが「小児科医会の会長としての立場で、コロナの小児への感染拡大防止に努めたい」と話している。

 なお、文化芸術分野で活躍する若手に贈られるアゼリア輝(かがやき)賞には区内出身の俳優、加藤梨里香さん(23)、洗足学園音楽大学出身で同大講師のサクソフォーン奏者、齊藤健太さん(28)が選ばれた。贈呈式は11月4日(木)に国際交流センターで行われる予定。
 

日本地名研究所 事務局スタッフ
日本地名研究所 事務局スタッフ
齊藤健太さん
齊藤健太さん
加藤梨里香さん
加藤梨里香さん

高津区版のローカルニュース最新6

前・元・新の3氏が出馬表明

神奈川18区

前・元・新の3氏が出馬表明 政治

31日投開票の衆院選

10月15日号

現新、一騎打ちか

川崎市長選

現新、一騎打ちか 政治

10月31日投開票へ

10月15日号

自転車競技で全国制覇

高津区出身今成研汰さん

自転車競技で全国制覇 スポーツ

橘中OB、高校最後に栄冠

10月15日号

「あーすフェスタ」再び

「あーすフェスタ」再び 文化

区内の関係者も感慨一入(ひとしお)

10月15日号

「まちづくり」で連携へ

「まちづくり」で連携へ 社会

区とフロンターレが協定

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook