高津区版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

言葉遊び、楽しむ 橘小で「だじゃれの時間」

教育

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
クイズを出題する鈴木代表
クイズを出題する鈴木代表

 だじゃれを楽しみながら言葉の大切さを学ぶ「だじゃれの時間」が橘小学校わくわくプラザで11月22日に開催され、児童28人が参加した。

 企画したのは、一般社団法人「日本だじゃれ活用協会」(鈴木英智佳代表)。同協会では言葉への興味・関心を高めてもらおうと、市内のわくわくプラザで同企画を行っている。

 この日は協会から、鈴木代表を含めた3人のメンバーが駆け付け、児童らとだじゃれのクイズなどをチーム対抗戦で楽しんだ。

 クイズでは「カメがいつも持っている飲み物は?(コーラ)」「飲むと思わず笑ってしまうものって何?(薬)」などの問題が出題。児童らはチームごとに相談しながら回答した。

 参加した児童らは「初めはよくわからなかったけど、だじゃれのことがわかった。面白かった」と言葉遊びを楽しんだ様子。鈴木代表は「最初はピンと来ていなかった子も、段々スイッチが入ってきて楽しんでくれていた」と振り返った。

高津区版のローカルニュース最新6

学生のタップダンス

学生のタップダンス 文化

29日 市民プラザで

1月21日号

消費生活の知識を学ぼう

消費生活の知識を学ぼう 社会

吉本芸人のミニライブも

1月21日号

脱炭素を考える

正しく知る「認知症」

正しく知る「認知症」 社会

オンラインで無料講座

1月21日号

市内施設に物資寄付

商議所女性会

市内施設に物資寄付 社会

ベビー服や消耗品、480点

1月21日号

人気落語家の慈善寄席

人気落語家の慈善寄席 文化

川崎いのちの電話

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook