多摩区版 掲載号:2013年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

作った曲が武蔵小杉駅の発車ベルメロディとなった、音楽ユニット「スキマスイッチ」の鍵盤担当 常田 真太郎さん 川崎市在住 34歳

心に届くメロディを奏で

 ○…川崎フロンターレサポーターのために作った応援歌『轟け!青き魂』が、東横線武蔵小杉駅の発車ベルメロディとなった。「地元チームのフロンターレを応援する気持ちになってくれれば」。熱い気持ちの入った詩と曲は競技場で選手とサポーターの心に響いている。チームへの思い入れは強く、ここ何年かは録画含め全試合を観戦するほどの熱烈ぶり。08年から市内に在住。「周りの人が本当に温かい」と、子どもが通う幼稚園で仲良くなったパパ友と飲み会を開催することもしばしば。川崎愛は深まるばかりだ。

 ○…音楽ユニット「スキマスイッチ」で鍵盤を担当する。「引っ込み思案で人前に出ることが嫌いだった」が、モテたい一心から高校の文化祭でバンドを組み、音楽に目覚めた。99年に相方の大橋卓弥さんから曲のアレンジを依頼されたことを機にユニットを結成。「等身大」をテーマに、『全力少年』や『ボクノート』、『ガラナ』などのヒット曲を世に送り出した。「自分達ならではの思いを込めた音楽を届けたい。誰でも楽しめる垣根のない音楽で、人と人とを繋げられたら」。アーティストへの楽曲提供やプロデュースも行っている。

 ○…「ケンゴが近くにいるから川崎に住んでいる」と話すほど、フロンターレの中村憲剛選手とは「大の仲良し」。草サッカーで一緒にプレーした際には「DFよりFWのほうが合ってるよ。ミスしてもいいから」とアドバイスを受け、これまでにない楽しさを味わったという。「失敗を恐れないことの大切さを教えてくれた。スタジオで何度も弾いて録音したものを届けることも大事だけど、ライブで自分たちの音楽を奏で、思いっきり楽しむことが重要」

 ○…現在は47都道府県ツアーの真っ最中。今年夏にはデビュー10周年を迎える。「早かったけど中身が濃かった。苦しいことも多かったけどそれは成長している証拠。できることには積極的に挑戦し、ファンの人と笑って過ごせたら嬉しい」
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

4月8日(日)新年度・生徒向け最終説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6件

加藤 宗一さん

神奈川県フロアボール連盟の会長で、日本代表や市内チームの監督を務める

加藤 宗一さん

3月30日号

原田 弘さん

全国大会で優良団体として表彰を受けた(一財)多摩交通安全協会で会長を務める

原田 弘さん

3月23日号

縄 浩太郎さん

JR登戸駅長に先月着任した

縄 浩太郎さん

3月16日号

関山 弘志さん

「川崎多摩盆栽会」の会長として後進育成に努める

関山 弘志さん

3月9日号

上谷 光彦さん

日本洗車技術指導協会の代表で、多摩区で高齢者雇用の取り組みを始めた

上谷 光彦さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

アルテリッカ多摩区公演

柳家三三と春風亭一之輔、人気落語家の競演が多摩区で実現

http://www.artericca-shinyuri.com/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク