多摩区版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

「のらぼう菜を味わって」 市民グループがイベント

文化

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena

 区内の伝統野菜「のらぼう菜」を地元の人に楽しんでもらおうと、市民グループと西生田の飲食店が今月4日、特別メニューを開発しイベントを開いた。

 主催したのは市民グループ「からふる!」とカフェダイニング「ムビリンゴ」。提供された「のらぼうプレート」は大橋ゆりシェフがこの日のために作った特別メニュー。参加者は、のらぼう菜を使った冷やし麺やサラダ、ドライカレーなどに舌鼓を打った=写真。

 参加した河嶋容さん(49)は「のらぼう菜の栄養素や歴史に生命力を感じた。野性的な味も美味しい。身近で手に入る場所があればいい」と話していた。

 のらぼう菜は鎌倉時代に川崎に持ち込まれ、江戸時代の飢饉を救ったといわれる。菅のらぼう保存会の高橋孝次会長は「こういったイベントは生産者にはありがたい話。今年は甘みも多くいい出来。ぜひ食べてほしい」と話していた。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

市内バス クラフト作品に

川崎市

市内バス クラフト作品に 文化

素材を提供、写真公募も

5月14日号

鮮やかに、色づく花園

生田緑地ばら苑

鮮やかに、色づく花園 文化

春の一般開放 見頃つづく

5月14日号

免疫力知り病の予防へ

免疫力知り病の予防へ 社会

24日講演

5月14日号

「里親制度」身近に

「里親制度」身近に 社会

22日 講演や体験談

5月14日号

子育て支援スキル養う

子育て支援スキル養う 教育

全9回講座

5月14日号

川崎市、集団接種を開始

コロナワクチン

川崎市、集団接種を開始 社会

次回予約受付は15日

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter