多摩区版 掲載号:2015年7月17日号 エリアトップへ

「福島の子どもたちとともに」川崎市民の会の代表として支援活動に取り組む 高橋 眞知子さん 菅仙谷在住 67歳

掲載号:2015年7月17日号

  • LINE
  • hatena

子どもを守るのが私の仕事

 ○…「福島の子どもたちに放射線量の少ない場所で思いきり外遊びをさせてあげたい」。そんな思いで同会を立ち上げて今年で5年目。来月8月には15回目となる「リフレッシュinかわさき」を開催する。福島の子どもの中から参加者を募り、保護者同伴で市内へ招待する取り組みだ。原発事故による放射能の不安から解放し、楽しいひと時を過ごせるよう様々なイベントを計画している。「子どもたちの健康と未来を守りたい。不安を口にできない福島の人の本音を支える活動を続けたい」

 ○…小学校教諭として長年、子どもたちを見守ってきた経験がある。東日本大震災直後、「何かできることはないか」という思いに突き動かされ、ボランティアとして石巻市に向かった。被災して誰もいなくなった小学校で生徒たちの遺品を目の当たりにし、涙があふれた。「私一人の涙では救えない現実も多かったけど、私にもできることがあればと思った」

 ○…今の活動につながる深く悲しい体験がある。自身の息子を9歳の時に白血病で亡くした。当時、骨髄移植を受けたが、3年10カ月にも及ぶ闘病生活は実らなかった。そんな経験があるからこそ、原発事故後の福島県で甲状腺がんやその疑いのある子どもの調査報告を聞く度に胸が苦しめられるような思いだ。「子どもを失う辛さは誰よりも知っている。福島の子どもたちを守ること、これが私の仕事だと」

 ○…今後の目標は保養活動を公的な取り組みとしていくこと。活動を続ける中で「民間の小さな力では、一部の親子にしか届かない」という現実も突き付けられた。その解決の一歩として昨年、福島県伊達市と川崎市の2市に働きかけて「移動教室」を実現させた。福島の小学生をクラス単位で川崎市に招き、交流イベントを催した。「成すに値する仕事だと思っている。どの子にも平等に機会が与えられるようにしたい」
 

多摩区版の人物風土記最新6

石井 芳和さん

登戸区画整理事務所の所長に今春就任した

石井 芳和さん

登戸在勤 53歳

6月21日号

濃沼 健夫さん

多摩区町会連合会の会長に今月着任した

濃沼 健夫さん

菅馬場在住 74歳

6月14日号

木村 徹さん

多摩区PTA協議会の会長に先月就任した

木村 徹さん

菅在住 45歳

6月7日号

鴨志田 麻衣さん

タッチラグビー2019W杯銅メダルの日本代表選手で、競技普及に力を注ぐ

鴨志田 麻衣さん

生田在住 27歳

5月31日号

なとみ みわさん

義母との生活を描いたコミックエッセー『ばあさんとの愛しき日々』を出版した

なとみ みわさん

東三田在住 49歳

5月24日号

栗原 真仁さん

小田急線の登戸駅―百合ヶ丘駅間の5駅を管轄する、登戸駅長に就任した

栗原 真仁さん

登戸在勤 52歳

5月17日号

秋元 良己さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

秋元 良己さん

川崎区在住 59歳

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏の多摩川楽しんで

夏の多摩川楽しんで

7月7日 水辺交流会

7月7日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク