多摩区版 掲載号:2016年3月4日号 エリアトップへ

第19回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)に出品し、入選した 森本 孝さん 中野島在住 69歳

掲載号:2016年3月4日号

  • LINE
  • hatena

「感覚」頼りに創作楽しむ

 ○…3回目の挑戦でTARO賞に入選した。ダンボールでつくられたオブジェの作品名は「ハルキゲニア、生活の悩み 五億年前の海で、ハルキゲニアも悩んでいる。『左列の真ん中の足が、何かおかしい。』」。古代生物「ハルキゲニア」をモチーフに、長さ約3メートルの不思議な物体に仕上げた。「(入選して)嬉しかった。10年やればあるいは…と思っていたけど、まさかこんなに早いとは。作品は、結構気に入った。思いどおりの形になった」

 ○…初めて「ハルキゲニア」を知った時、名前や造形に心惹かれた。作品に込めた思いを「5億年前からの生命のつながりを、見る人に感じてもらいたかった」と語る。すでにある物を寄せ集めて作品を創っていく「ブリコラージュ」という手法を好んで用いている。ダンボールを材料に選んだのも「自宅隣のスーパーにたくさんあったから」。テーマや設計図は決めずに、感覚で作品づくりを楽しんでいくのが森本流。「悩んでいても仕方ない。開き直って楽しもう」

 ○…岡山県出身。自動車メーカーに就職し、海外市場向けの広報などの業務に携わった。制作活動を始めたのは、定年退職後。横浜で開催された芸術イベント内の講座で制作した、機械仕掛けのオブジェが入賞したことがきっかけ。「夏休みの工作みたいでバカにされると思っていたけど、賞をいただいて真面目にやらなきゃと思った」といたずらっぽく笑う。

 ○…幼い頃から演劇や映画、舞踏、音楽が好き。漫画やゲームも好きで「息子より率先して買うこともあった」と振り返る。アフリカのマリ共和国に暮らすドゴン族を見たい一心で、定年後に通訳を雇い一人旅をするほどの行動派。「好奇心は強い方だと思う。いろんなことに興味があるね」。大切にしている言葉は『いくつになっても朝起きたら17歳の気持ちに』。「そうなりたいなと思っているし、今はその状態に近いかも」

多摩区版の人物風土記最新6

岸井 洋一さん

多摩防火協会の会長として、啓発活動に取り組む

岸井 洋一さん

南生田在住 76歳

1月17日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月10日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月1日号

草壁 悟朗さん

川崎商工会議所の会頭に先月就任した

草壁 悟朗さん

県立多摩高校出身 66歳

12月20日号

橋本 健さん

あす開催される「第9回たま音楽祭」の実行委員長を務める

橋本 健さん

登戸新町在住 53歳

12月6日号

深城 由美子さん

西菅小学校の創立30周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた

深城 由美子さん

菅北浦在住 54歳

11月29日号

井田 光一さん

稲田小学校の創立140周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた

井田 光一さん

宿河原在住 62歳

11月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク