多摩区版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

小田急電鉄 ホームドアで転落防げ 登戸など11駅 設置へ

社会

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena
新宿駅の設置例=同社提供
新宿駅の設置例=同社提供

 小田急電鉄(株)は6月16日、1日の利用者数が10万人以上の小田急線11駅全てにホームドアを設置すると発表した。川崎市内では新百合ヶ丘駅と登戸駅が該当し、2022年度までの設置を目指して計画を進める。

 ホーム上の安全性向上のため、2012年度に同社はホームドアを新宿駅に設置。18年度から20年度の期間で、代々木八幡駅から梅ヶ丘駅まで6駅で設置する方針を打ち出していた。

 今回は優先する設置基準を「1日の利用者数が10万人以上の駅」に拡大。昨年12月に国土交通省が公表した「駅ホームにおける安全性向上のための検討会(中間とりまとめ)」の方針に沿った取り組みになる。

障害者ら事故防止を

 中間とりまとめは昨年8月の地下鉄銀座線、10月の近畿日本鉄道大阪線で相次いで発生した視覚障害者の線路内転落事故を受けて出されたもの。その中で、16年度に発生した各社鉄道駅のホーム転落・接触事故件数3716件のうち、1765件(47・5%)が1日10万人以上の利用がある駅で発生しており、視覚障害のある人の転落・接触事故割合も10万人以上駅が最も高いことが示された。

 小田急電鉄は設置予定だった駅に加え、新百合ヶ丘、登戸、町田、相模大野、海老名、本厚木、大和の各駅にもホームドア設置を22年までに行うことを決めた。

 藤沢駅に関しては駅周辺の再整備計画に合わせ、設置時期を検討していく。同社担当者は「今後、国や関係自治体と協力して進めていきたい。ホーム内側に線状の突起を設けたり、目の不自由な乗客への積極的な声がけなど、ハードとソフト両面で事故防止に努めていく」と話している。

 一方、急行通過駅周辺で発生する人身事故については、今回の発表とは異なる視点としながらも「急行が止まらない駅にホームドアを付けるべきという意見もある。鉄道会社にとっての課題でもあるので、混雑状況などを踏まえて必要性を検討していきたい」と話す。

多摩区版のトップニュース最新6

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

12月6日号

背泳ぎで東京めざす

パラ金メダリスト成田真由美さん

背泳ぎで東京めざす スポーツ

来春、代表選考会に照準

12月6日号

交通問題 解消へ一歩

自治会 生田山の手

交通問題 解消へ一歩 社会

タクシー活用から検討

11月29日号

女子 初の関東大会へ

稲中駅伝部

女子 初の関東大会へ スポーツ

27年ぶり市制覇、1日号砲

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

公私立 枠超え継続

こどもふれあいステージ中野島

公私立 枠超え継続 教育

カリタスに生徒ら175人

11月22日号

住民説明会 月末に

フロンタウン生田

住民説明会 月末に 経済

市、川崎Fと契約へ

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク