多摩区版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した 秋元 良己さん 川崎区在住 59歳

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena

「和」重んじ、一歩ずつ

 ○…市消防局に入庁して36年。昨年までの5年間は中原区など3署で副署長を全うし、今回初めて署長に就いた。多摩消防署は、予防課長を2年務めて以来5年ぶり。「消防団や防火協会、消防研究会など、皆さん顔見知りで安心」と頬がゆるむ。職員137人の指揮を執る立場として、目指すは「行きたい署ナンバーワン」。「皆明るく楽しく、『今日も一日頑張るぞ』と思える職場にしたい」

 ○…「当直経験はほとんどない」と切り出すとおり、経験した仕事の多くは事務系。若手のころは、臨港消防署で危険物関係の事務職を6年半務めた。「コンビナート地区の図面を見たり。書類が多くて一気に目が悪くなっちゃった」。その後も局の経理や人事、救急救命士を養成する施設に総務職として出向するなど、事務畑を歩んだ。予期しない経歴だったようだが、「地元に恩返しできれば」と、川崎への思いを語る。

 ○…川崎大師や臨港署の近くで生まれ育った。「昔は海苔師が多く、イチジク畑もいっぱいあった」。小4からは地元のサイクリングクラブに入り、浮島や奥多摩に出かけた。「当時、自転車店の近くで火災があった。消防士を見て、人を助ける職業もいいなと思って」と、小さな憧れを振り返る。高校時代は、山中湖や富士山の5合目まで自転車を走らせたことも。「天気のいい日にスピードを出すと気持ちいいよね」

 ○…平成生まれの一男一女も結婚し、自らは定年まであと1年。「過去の亥年を振り返ると大規模災害が多い。その話をしつつ、日頃の備えの必要性を区民に呼びかけたい」。非常食の用意やご近所同士の手助けなど、自助共助の大切さを訴える。「職員が備えることは当たり前。できることをコツコツと、些細なことでも伝えていけたら」。この1年に、心を尽くす。

多摩区版の人物風土記最新6

濃沼 健夫さん

多摩区町会連合会の会長に今月着任した

濃沼 健夫さん

菅馬場在住 74歳

6月14日号

木村 徹さん

多摩区PTA協議会の会長に先月就任した

木村 徹さん

菅在住 45歳

6月7日号

鴨志田 麻衣さん

タッチラグビー2019W杯銅メダルの日本代表選手で、競技普及に力を注ぐ

鴨志田 麻衣さん

生田在住 27歳

5月31日号

なとみ みわさん

義母との生活を描いたコミックエッセー『ばあさんとの愛しき日々』を出版した

なとみ みわさん

東三田在住 49歳

5月24日号

栗原 真仁さん

小田急線の登戸駅―百合ヶ丘駅間の5駅を管轄する、登戸駅長に就任した

栗原 真仁さん

登戸在勤 52歳

5月17日号

荻原(おぎはら) 圭一さん

4月1日付で多摩区長に就任した

荻原(おぎはら) 圭一さん

大田区在住 58歳

4月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク