多摩区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

「令和」揮毫(きごう)茂住さん 墨書の大役、長沢で祈願 諏訪社に毎月参拝、当日も

文化

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
毎月1日と15日に扉を開ける諏訪社の社殿
毎月1日と15日に扉を開ける諏訪社の社殿

 今から1カ月前、菅義偉官房長官が発表した新元号「令和」。その墨書を揮毫した内閣府大臣官房人事課・辞令専門職の茂住(もずみ)修身(おさみ)さん(63)は、南生田在住の多摩区民。発表当日の朝、茂住さんは氏神である長沢の諏訪社を訪れていた。

 「4月1日の朝早く、いつものようにご夫妻でお参りに来ていた。『今日は特別な仕事があるものですから』と話していて」と振り返るのは、諏訪社で宮守を22年務める藤井征史さん(80)。藤井さんが茂住さんと知り合ったのは、18年ほど前。社殿の扉を開ける毎月1日と15日の朝に、決まって夫婦で参拝に訪れるという。藤井さんは「いつもあいさつを交わす。盆や暮れには、献酒としておいしいお酒を持ってきてくれる」と関係を語る。

 藤井さんが「特別な仕事」の内容を知ったのは、新元号発表からおよそ1週間後のこと。例年の奉納とは違う時期に、茂住さんが献酒に訪れた。「そのとき、『私が書いたんですよ』と聞いて。今回いただいたお酒は特別なもの」と、直筆の文字が書かれた掛け紙も大切に保管している。

 茂住さんは岐阜県飛騨市出身。「平成」の墨書を手掛けた河東純一さんと同じ、大東文化大学の卒業生だ。書家としては「茂住菁邨(せいそん)」の号を持ち、日展会友で、読売書法会理事や神奈川県美術展審査員を務めている。展覧会が近づくと、諏訪社の社務所を借りて大きな書をしたためることもあるという。

 茂住さんは20年ほど前に生田に移り住み、その後、南生田に居を構えた。「諏訪社と深いご縁のある方、多摩区愛のある方だと思う」と藤井さん。長沢地域の活性化に取り組む長沢まちづくり協議会会長の末吉一夫さん(69)は「地元にそのような方がいることを誇りに思う。これから地域に協力していただけたらうれしい」と期待を寄せた。

800年超の歴史

 長沢地域の氏神として親しまれている諏訪社(長沢4の7の1)は、1187(文治3)年、稲毛三郎重成が創祀したとされている。社殿前の護石を病気平癒のお護りとして持ち帰り、成就したら石の数を倍にしてお礼参りや奉納をするなど、昔からの習わしも続く。

 諏訪社総代の岸井洋一さん(76)は「800年以上の歴史ある場所。代々の氏子に守られて、今では一般の方もたくさんお参りに来ている。今後も多くの人に訪れてもらえたら」と話している。

茂住さんが書いた「献酒」
茂住さんが書いた「献酒」
諏訪社の社務所
諏訪社の社務所

多摩区版のトップニュース最新6

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

9月27日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

「母の塔」で誓う 永遠の愛

「母の塔」で誓う 永遠の愛 社会

美術館の縁、特別挙式に

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク