多摩区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

バスケB1川崎BT 憧れの選手、身近に 感謝祭 ファン400人

スポーツ

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
笑顔で応える辻選手(右上)、藤井選手(右下)、長谷川選手(左下)
笑顔で応える辻選手(右上)、藤井選手(右下)、長谷川選手(左下)

 バスケットボール男子Bリーグ・川崎ブレイブサンダースが6月1日、とどろきアリーナ(中原区)のサブアリーナでファン感謝祭を行った。抽選に当選した約400人のファンクラブ会員は、選手と共にチーム対抗フリースローや〇×クイズに挑戦。写真撮影やサイン会を通して交流し、楽しい時間を過ごした。

 ミニバスケチームに所属する石井啓太君(10)=宮前区在住=は「初めて参加した。選手を近くで見てすごく大きいと思った」と話した。また東芝時代からファンで、今季のホーム戦全てに参戦したという天野奈緒美さん(30代)はDeNA体制になった1年を振り返り、「試合前の演出が派手になり盛り上がっている。観客の数も増えているし、一体感が増している」と評価。「来シーズンこそお願いします」と優勝への期待を込めた。

 篠山竜青選手は「普段はファンと触れ合うことは少ないが、直接受け止めるのはなくせない部分。川崎のファンは優しくて、選手一人ひとりを理解してくれている。愛されているのを感じる。ありがとうと言いたい」と話していた。また、来季から新ヘッドコーチとなる佐藤賢次さんは、「いい時も苦しい時もいつもと変わらず声を出してくれて、支えになった」とファンに感謝を述べた。

多摩区版のローカルニュース最新6

まちゼミ14講座

登栄会

まちゼミ14講座 経済

2月中、商店街で開講

1月24日号

女性活躍企業を認証

女性活躍企業を認証 社会

市内19社、多摩区で3社目

1月24日号

市内各団体が始動

市内各団体が始動 社会

賀詞交換会で思い新たに

1月24日号

「100年時代」快活に

「100年時代」快活に 社会

多摩区老連が賀詞交歓

1月24日号

人気落語家の慈善寄席

人気落語家の慈善寄席 社会

川崎いのちの電話主催

1月24日号

フリーアナが講演

2月4日高津市民館

フリーアナが講演 社会

ハンセン病、性暴力の現場から

1月24日号

技磨き、果敢に挑む

多摩署

技磨き、果敢に挑む 社会

令和初の武道始式

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク