多摩区版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

パラ金メダリスト成田真由美さん 背泳ぎで東京めざす 来春、代表選考会に照準

スポーツ

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
背泳ぎを練習する成田さん=6月
背泳ぎを練習する成田さん=6月

 パラリンピック5大会に出場し、金メダル15個を獲得した競泳の成田真由美さん(49)=多摩区在住=が、来年の東京大会を目指して調整を進めている。先月の第36回日本パラ水泳選手権大会では、女子50メートル背泳ぎ(運動機能障害S5)でトップの48秒47を記録。来年3月6日から3日間行われる日本代表の選考会に向け、練習を積み重ねていく。

アトランタから6大会目へ

 9月にロンドンで行われたパラ競泳の世界選手権で、成田さんは自由形など4種目に出場。3種目で決勝に進み、女子50メートル背泳ぎ(S5)で4位に食い込んだ。「背泳ぎで世界と戦う」と決意を新たにする。

 1996年のアトランタからシドニー、アテネ、北京のパラリンピック4大会に連続出場し、合計20個のメダルを獲得。東京招致委員会の一員として、2013年にはアルゼンチン・ブエノスアイレスで東京開催決定の瞬間に立ち会った。

 その後も東京大会組織委員会で、パラリンピアン唯一の理事として活動を続けてきた。リオデジャネイロ大会を翌年に控えた15年には、7年ぶりに現役復帰。その理由は「パラリンピックを盛り上げたい」。その一心で、日本選手権やジャパンパラ大会などの国内戦で次々と優勝し、翌年の代表選考会で派遣記録を突破。リオ大会への切符をつかんだ。

「積み重ね」力に

 中学生のとき発症した脊髄炎の影響で車いす生活になり、23歳のころ水泳を始めた。

 練習拠点は入会24年目になる横浜サクラスイミングスクール(横浜市青葉区)で、リオ大会前から師事する堀越正之コーチがメニューを作成。オフの日曜を除き、練習時間は毎日およそ1時間半、3千メートル以上泳ぐ。「時間は以前と変わらないけど、距離は増えて中身も濃くなった」と手応えを語る。苦しくてゴーグルに涙がたまり、心が折れそうにもなるが「このメニューができたら強くなれるって単純に思える」ときっぱり。「自分で限度を決めたら終わり。単純かもしれないけれど、そうやって毎日を積み重ねていく」

 来月の新春大会、その先に代表選考会を見据えて全力を注ぐ。

「ずっとお世話になっている」という西生田の喫茶店、モンタナで=先月
「ずっとお世話になっている」という西生田の喫茶店、モンタナで=先月

多摩区版のトップニュース最新6

「将来へ基礎つくる」

川崎F新体制

「将来へ基礎つくる」 スポーツ

フロンタウン生田も注力

1月17日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域一丸で「安全・安心」

地域一丸で「安全・安心」 政治

荻原区長 2年目へ抱負語る

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「子(ね)」之神社を紐解く

菅北浦

「子(ね)」之神社を紐解く 文化

十二支に由来 変遷経て

1月1日号

「広がれ、多世代交流」

まちプロ中野島

「広がれ、多世代交流」 社会

クリスマス会に30人超

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク