多摩区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

光明院 北向地蔵 密やかに佇む 登戸、遷座供養から1年

文化

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena
光明院に鎮座する北向地蔵(左)と馬頭観音=10日
光明院に鎮座する北向地蔵(左)と馬頭観音=10日

 1年前まで、登戸駅西側の踏切近くに鎮座していた「北向地蔵」と「馬頭観音」。登戸土地区画整理事業に伴い、地域住民に惜しまれつつ移転した2体は、光明院(登戸1253)でひっそりと参拝者を待っている。

 登戸駅から駅前商店街を抜けた道の角で、「子育て地蔵」として長年親しまれていた北向地蔵。建立は江戸時代で、馬頭観音と共に地元奉賛会が守り続けてきた。昨年6月18日に移転遷座の供養が執り行われ、8月には光明院へ。森興道住職は「以前から信仰が深かった方たちが引き続き花を供えてくれている」と現状を語り、「お賽銭を奉納していただいた。有効に活用したい」とも。移転作業を担当した吉澤石材店の吉澤光宏代表は「菩提寺でもあるので今も手を合わせに行く。人通りが多い駅前とは状況が違うが、訪ねる人もいると思う」と話す。

進む区画整理変わる駅西側

 登戸土地区画整理事業は2025年度の完了に向けて進行。登戸駅西側は、住民主体の検討会による「まちづくり方針」に基づいた魅力ある街並みの形成を目指す。昨年7月以降、商店街エリアの解体工事が行われ、今後は幅員6メートルの歩行者専用道路等が整備予定。登戸駅から向ヶ丘遊園駅をつなぐ主要幹線道路「登戸2号線」の整備も順次進められていく。

 事業の進ちょくの目安になる仮換地指定面積は、4月1日時点で89・9%。建築物等の移転は1020棟で、75・2%に上っている。

整備が進む登戸駅西側
整備が進む登戸駅西側

多摩区版のローカルニュース最新6

伝統、獅子舞も断念

伝統、獅子舞も断念 文化

保存会「我慢のしどころ」

7月3日号

JA職員が詐欺防止

JA職員が詐欺防止 社会

多摩署から感謝状

7月3日号

区役所で子ども食堂

区役所で子ども食堂 社会

きょうから、多摩SDC

7月3日号

市内初、ヒアリ確認

市内初、ヒアリ確認 社会

東扇島 数百匹を殺処分

7月3日号

多摩LC 結成32年で幕

多摩LC 結成32年で幕 社会

会員減少 止められず

7月3日号

民家園で七夕飾り

民家園で七夕飾り 文化

5日、旧佐々木家前

7月3日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク