多摩区版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

長尾在住・新井さん 川から海へ、命思う 河川敷でひとり ごみ拾い

社会

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena
流木に絡まった糸くずを回収する新井さん=18日
流木に絡まった糸くずを回収する新井さん=18日

 6月18日午後、多摩川河川敷でひとり黙々とごみを拾う新井勉さん(60)=長尾在住。収集するのは流木に絡まる糸くずや小さな破片など「魚が食べてしまいそうなもの」。二ヶ領宿河原堰取水口付近で6回目の活動となったこの日、4時間かけて2・7キロのごみを集めた。

 「昨年暮れ、亡くなったクジラの赤ちゃんのお腹から大量のごみが出てきたニュースを見て、ショックだった」。何かできないかと考え始め、知人が藤沢市で熱心に活動していることを知った。「一緒にやりたかったけれど遠くて。いずれは海に流れる多摩川でも活動できるかもしれない」と、年明け元日から早速行動。最初の1カ月はサイクリングコースの脇を歩き、缶やペットボトルを中心に拾った。「袋はいっぱいになるけれど、本来の目的とは違う」。そこで目をつけたのが水辺だった。

 河川敷には昨年の台風による流木が残り、細かなごみが絡まっているという。「また台風で増水したらごみが流されてしまう。海を汚したくない」と、午後5時のチャイムが鳴るまで夢中で手を動かす。通行人に声をかけてもらうことも喜びの一つだ。

 「家族には10年やると宣言した」。活動を分かりやすくするため、道具を運ぶワゴンには国連が提唱する「SDGs」のマークと「SKAHKA」の文字を掲げる。「『捨てる神あれば拾う神あり』の頭文字。まだまだこれから、少しでも興味を持ってもらえたらうれしい」。きれいな海を思い描く。

ワゴンに付けたSDGsのマーク
ワゴンに付けたSDGsのマーク

多摩区版のローカルニュース最新6

来年開催へ結束

中野島音楽祭

来年開催へ結束 文化

7月10日号

点字入門で講習再開

点字入門で講習再開 社会

多摩川の里 9月から

7月10日号

路上利用の基準緩和

路上利用の基準緩和 経済

市、飲食店支援で

7月10日号

選手ら対談記事配信中

レッドロケッツ

選手ら対談記事配信中 スポーツ

7月10日号

途上国支援 来年見据え

途上国支援 来年見据え 社会

理美容師NPO チャリティーカット中止

7月10日号

「たまこみ」 中止決断

「たまこみ」 中止決断 社会

5年目、オリパラ関連も

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク