多摩区版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

新拠点「フロンタウン生田」 GO!GO!!フロンターレ 3年後完成へ着々

スポーツ

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
完成イメージ図=市提供
完成イメージ図=市提供

 2023年の完成を目指し、川崎フロンターレと川崎市が整備を進める生田浄水場用地の新スポーツ拠点「フロンタウン生田」(仮称)。先月は両者と地元団体の関係者ら約20人が集い、課題を話し合う連絡協議会が発足するなど進展を見せている。

 フロンターレが運営するのは、約3万3千平方メートルの貸し付け用地。人工芝のサッカーグラウンドや屋内外のテニスコート、体育館、スポーツ整形・リハビリ施設などさまざまな要素を盛り込もうと検討している。クラブの事業計画では、市上下水道局が整備する約1万5千平方メートルを含む、約4万8千平方メートルの土地を総合的なスポーツ拠点施設と定義。スポーツと文化を軸に、地域の集いの場を市民に提供し、健康促進や青少年育成への貢献を掲げる。市が運営する「ふれあい広場」は市地域防災計画に基づき、災害時の一時避難場所としても機能させる方針だ。

 立地上、最寄り駅は小田急線の向ヶ丘遊園駅と生田駅、JR南武線の中野島駅の3駅を想定。同クラブによると、フロンタウン生田と駅を結ぶ交通手段として、シャトルバス運行の選択肢も検討。地元商店会と意見交換を重ねている。
 

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク