多摩区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】JAセレサ川崎 市内産イチゴでフロンターレ応援 多摩区・上原さんら生産者 100パックを寄贈

社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
(左から)カブレラ、小泉さん、上原さん、ふろん太
(左から)カブレラ、小泉さん、上原さん、ふろん太

 JAセレサ川崎は2月15日、リーグ制覇と天皇杯初優勝を昨季果たしたJ1・川崎フロンターレに、市内イチゴ農家が育てたイチゴ100パックを贈った。高津区の同クラブ事務所で贈呈式を開催。多摩区菅稲田堤で「上原さんちのいちご畑」を営む上原脩太さんと宮前区の小泉博司さんが、公式マスコットの「ふろん太」と「カブレラ」にイチゴを手渡した。

 これまで川崎フロンターレが成し遂げたリーグ優勝3回とルヴァンカップ、天皇杯の優勝を「1(イチ)位を5(ゴ)回」とかけて、市内産イチゴの贈呈をJAセレサ川崎が企画。同クラブの今季の飛躍を願い、実現した。

 この企画を発案した上原さんは「中学校からサッカーをやっていて、ずっとサッカーが好きだった。このような形で一緒にコラボできてうれしい。市内産イチゴの魅力がチームの皆さんに広く知れ渡ってほしい」と思いを語った。小泉さんは「今年のイチゴも例年通りおいしい。ぜひ楽しんでもらえれば」と話した。

 同クラブによると、受け取ったイチゴは選手やチームスタッフに届けられるという。今後はリーグ開幕に合わせ、JR武蔵小杉駅前にある同クラブ公式カフェ「FRO CAFE」で市内産イチゴを使ったコラボメニューの販売も予定している。

 フロンターレ担当者は「100パックもいただけたのはありがたい。今後もいろいろな農産物を周知するイベントを行い、地域に貢献したい」と話した。

 市内で栽培されているイチゴの品種は「紅ほっぺ」と「よつぼし」が主力。どちらも味が濃く、実がしっかりしていることが特徴だ。市内10軒の農家がハウス栽培を行っており、多摩区では「上原さんちのいちご畑」と「BUNKAEN」が取り組んでいる。今回の寄贈は、各農家から10パックずつ提供された。

多摩区版のローカルニュース最新6

「スイートな時間を」

「スイートな時間を」 文化

11月 登戸で男性レビュー

10月22日号

分野超え 力作140点超

多摩区老連

分野超え 力作140点超 文化

趣味展示、コロナ禍の励み

10月22日号

リオ金・高橋さん指導

リオ金・高橋さん指導 スポーツ

市バド協会 小中生46人へ

10月22日号

食品ロス削減啓発

食品ロス削減啓発 社会

県、動画やロゴ

10月22日号

2年ぶり 歌舞伎公演

2年ぶり 歌舞伎公演 文化

11月3日、民家園まつり

10月22日号

デザイン戦後の軌跡

デザイン戦後の軌跡 文化

岡本太郎美術館

10月22日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook