多摩区版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

多摩高出身ユニット RYTHEM(リズム)が再始動 「ゆか」加藤さん、心境語る

文化

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena
ゆい、ゆか(右)=RYTHEM提供
ゆい、ゆか(右)=RYTHEM提供

 RYTHEM再始動しました。今はYouTubeやSNSを中心に私たちの歌声やハモりをお届けしています。この先また、地元である川崎でライブが出来る日を、皆様に直接お会い出来る日を、とても楽しみにしています――。そうメッセージを本紙に寄せてくれたのは、解散から10年を経て、5月21日に活動を再開したシンガーソングライターユニット「リズム」。解散後は「yucat(ユキャット)」としてソロ活動を行い、かわさき産業親善大使を2018年から務めるなど川崎市を拠点にする、「ゆか」こと加藤有加利さん(36)に胸中を打ち明けてもらった。

 再始動の発端は今年1月。相方の「ゆい」こと新津由衣さん(35)から「また一緒に始めよう」と声がかかった。「リズムにしかできないハモリ。独特の超音波を感じてもらえたら」。約70ある当時の楽曲を、2人が生声で再び歌う――。一発撮りのノーカット動画を、ユーチューブチャンネルで毎週1曲ずつ配信している。

 「解散当時はSNSもなく(ファンに)気持ちも伝えられなかった。自分たちの意思で解散して、また始める。どうしたらこの誠意が伝わるんだろう。毎日のように考えている」。そう語り「10年前に止まった気持ちが動き出す。素敵なファンと一緒に、柔軟に自由に流れるまま進みたい」と前を向く。

 リズムは県立多摩高校(宿河原)軽音楽部で、クラスメートだった「ゆい」と「ゆか」が2002年に結成。当時は授業中に歌詞のアイデアを練ったり、学校の前に広がる多摩川の岸辺で歌の練習をしていた。「それが原点。それを今、再びやってる感覚」。翌年、高3でメジャーデビューし、ラゾーナ川崎や川崎市青少年科学館など市内各地でもライブを開催。2011年に解散し、2人はそれぞれ音楽活動の道を歩んできた。

 加藤さんはyucatとして「食の祭典」「たま音楽祭」など区内イベントのステージに出演。昨夏に歌手デビューした川崎フロンターレ公認キャラクター「カワサキまるこ」のプロデュースも手がける。「地元川崎の魅力を市内外に向けて、音楽を通じてお届けしたい」
 

本紙のインタビューに応じる加藤有加利さん=10日
本紙のインタビューに応じる加藤有加利さん=10日

多摩区版のローカルニュース最新6

「スイートな時間を」

「スイートな時間を」 文化

11月 登戸で男性レビュー

10月22日号

分野超え 力作140点超

多摩区老連

分野超え 力作140点超 文化

趣味展示、コロナ禍の励み

10月22日号

リオ金・高橋さん指導

リオ金・高橋さん指導 スポーツ

市バド協会 小中生46人へ

10月22日号

食品ロス削減啓発

食品ロス削減啓発 社会

県、動画やロゴ

10月22日号

2年ぶり 歌舞伎公演

2年ぶり 歌舞伎公演 文化

11月3日、民家園まつり

10月22日号

デザイン戦後の軌跡

デザイン戦後の軌跡 文化

岡本太郎美術館

10月22日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook