多摩区版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

川崎新田ジム 黒田雅之選手が引退表明 元日本2階級制覇 感謝表す

スポーツ

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena
新田ジムで本紙の取材に応じた黒田選手
新田ジムで本紙の取材に応じた黒田選手

 登戸・川崎新田ボクシングジムの元日本ライトフライ級、フライ級2階級制覇王者・黒田雅之選手(35)が6月16日、現役引退を表明。翌日、本紙に心境を語った。

 2020年10月、現バンタム級世界3団体統一王者の井上尚弥選手とのスパーリングで、左肘の腱を断裂。手術を経て、今年1月に再起戦を戦ったが判定で敗れた。けがは完治せず、「ボクシングにしがみつきたくない。これ以上やると縛られてしまう」と打ち明けた。「お疲れさま」「もったいない」と各方面から声が寄せられ、「リアクションをしてもらえる選手でいられたのは幸せ。17年間、地域の方々に支えてもらった」と感謝をにじませた。

 黒田選手は2005年5月にプロデビュー。11年に日本ライトフライ級、17年に同フライ級王座を獲得し2階級を制覇した。19年には、13年以来2回目となる世界挑戦で、IBF世界フライ級王者のモルティ・ムザラネ選手(南アフリカ)に挑んだが、判定で涙をのんだ。この日、後楽園ホールには約2千人が詰めかけ、福田紀彦川崎市長をはじめ多くの地元関係者が応援。観戦した多摩区観光協会の末吉一夫会長は「多摩区を大きく盛り上げてくれた存在だった。王者に果敢に挑む姿は今も記憶に残っている。勇気をもらった」とその雄姿を惜しんだ。

 2年前、正社員として就職した訪問介護サービス等の(株)SOERUTE(麻生区)では勤務を続ける。黒田選手は「スポーツを通じて、老若男女問わず皆さんを幸せにしたい」と夢を誓った。

三好選手、初防衛

 16日の川崎新田ジム主催興行では、同ジムの日本女子フェザー級王者・三好喜美佳選手(38)が藤原茜選手(34)=ワタナベ=と判定で引き分け、初防衛に成功。三好選手は「東洋太平洋を狙い世界を目指したい」と語った。

 同ジムは今回、「かわさきYUMEシート」を創設。座席を割引価格でスポンサー企業に購入してもらい、市内の小中高生や障害児、児童養護施設の利用者を無料招待する仕組みだ。当日は19人が観戦。新田会長は「今後も夢や感動を提供していきたい」と思いを込めた。

三好選手 (C)山口裕朗
三好選手 (C)山口裕朗

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

痴漢 昨年比で10件増

痴漢 昨年比で10件増 社会

多摩署が注意呼びかけ

7月1日号

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから 実証実験踏まえ

7月1日号

区民祭、10月15日に

区民祭、10月15日に 社会

3年ぶり 出店者を募集

7月1日号

民家園で七夕行事

民家園で七夕行事 文化

3日 短冊に願い事

7月1日号

3クラブが新体制

RC・LC

3クラブが新体制 社会

区内奉仕団体 7月から

7月1日号

せせらぎ館夏休み教室

せせらぎ館夏休み教室 教育

5日申込締切

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook