中原区版 掲載号:2014年11月21日号 エリアトップへ

意見広告 大義なき選挙に血税700億円!? 川崎市議会議員 おしもとよしじ

掲載号:2014年11月21日号

  • LINE
  • hatena

 永田町に突如吹いた解散”風”は、嵐となり、吹き止むことはなかった。安倍総理は、7〜9月期のGDP成長率速報値や有識者による景気点検会合の報告を踏まえ、来年10月に予定されていた消費税率10%への再増税を1年半延期し、その是非を問うために解散・総選挙を行うと表明した。

 そもそも、この消費増税は2年前の8月に成立した社会保障・税一体改革関連法に基づき実施される予定だった。当時の野田総理と安倍自民党総裁が党首討論の際に交わした年明け通常国会での議員定数削減という「自ら身を切る改革」の約束とともに国民に痛みを強いることが大前提の増税であった…。その後、この約束と引き換えに実施された総選挙で議席数300を超える巨大与党が誕生し、2年経過するが、1票の格差是正の0増5減が実施された以外に定数削減の議論は足踏み、そればかりか文書通信交通滞在費などの改革も進まない。当然、国民からすれば前述の約束も違えているのに更なる負担を課せられるいわれなどなく、選挙で争点化しようとしている再増税の是非は、選挙の大義にすらなるはずもない。

 では、なぜ今、総選挙を行うのか?それは、長期政権を築きたい安倍総理の思惑が透けて見える。内閣改造の目玉であった小渕・松島両女性閣僚の辞任に加え、新閣僚の更なる疑惑も浮上。また、北朝鮮による拉致被害解決も思うように進展せず、頼みのアベノミクスも金融緩和という第一の矢の一辺倒で潤ったのは一部の投資家だけ、株価も実態経済を反映しているわけではない。さらに、来年の通常国会では安全保障関連法案や原発再稼動など不人気政策の議論も続く…。今後、支持率の上昇が期待できない以上、今がベストと踏んだのだろう。しかし、300もの議席を有し2年の任期も残しながら大儀すらなく約700億円の税金を投入して行う選挙でいったい何を問うというのか?

 前述のGDP速報値は市場予想を大きく下回る年率換算1・6%減と個人消費が低迷し消費増税の尾を引くばかりか経済政策の失態も問われる数字だ。まずやるべきは、『経済対策』であり、税金700億をかける『総理の総理による総理のための解散・総選挙』ではない。
 

市議・押本吉司

http://www.oshimoto.info/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

『Stanford e-Kawasaki』―コロナにまけるな 子どもたち―

市政報告 Vol.13

『Stanford e-Kawasaki』―コロナにまけるな 子どもたち―

川崎市議会議員 松川正二郎

3月5日号

資源物の持ち去り禁止条例川崎市の対応方針(案)について

市政報告

資源物の持ち去り禁止条例川崎市の対応方針(案)について

川崎市議会議員 松原しげふみ

2月26日号

JR南武線連続立体交差事業【3】大規模投資再検討。市民を置き去りにする「検討」か!?

市政報告vol.69

JR南武線連続立体交差事業【3】大規模投資再検討。市民を置き去りにする「検討」か!?

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

2月12日号

平間駅に「臨時改札」追加検討へ

市政レポートNo.130

平間駅に「臨時改札」追加検討へ

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

2月12日号

新型コロナウイルスワクチン接種に向け

市政レポートNo.101

新型コロナウイルスワクチン接種に向け

健康福祉委員会委員長 原 典之

2月5日号

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

市政報告vol.68

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク