中原区版 掲載号:2016年12月23日号 エリアトップへ

桐光学園サッカー部 繋がり築き 念願の日本一へ 「チーム一丸 圧倒的な試合を」

スポーツ

掲載号:2016年12月23日号

  • LINE
  • hatena
(写真右から)西川公基選手、タビナス・ジェファーソン選手、淡路昴宏選手
(写真右から)西川公基選手、タビナス・ジェファーソン選手、淡路昴宏選手

 年末から始まる全国高校サッカー選手権大会に神奈川県代表として出場する桐光学園。2年連続、通算で10回目となる全国の舞台を前に、タビナス・ジェファーソン主将(DF)、西川公基(MF)、淡路昴宏(DF)3選手に全国大会への思いなどを聞いた。

 今年のチームは、主将が「個の力もあるがパスワークなどから相手を崩していける」と語るように、守備も含めた全員の連携から点を奪いに行くスタイルが特徴だ。淡路選手は「今はプリンスリーグ(18歳以下のリーグ戦)でも戦っているのでチームが一丸となっている雰囲気があります」とムードの良さを話す。

 全国の舞台を前にチームが掲げたテーマは「進化・革命・逆襲」の3つ。「チームとして進化していくのと、今年は県の大会を落としてもいるので逆襲の気持ちを持ちながら神奈川のサッカーを変えていくという思いを込めたキーワードです」(西川選手)。

 試合中の激しいプレーとピッチ外の盛り上げ役は主将であるジェフ選手の持ち味かと思われがちだが、実は「負けず嫌いは多いけど、みんな面白くて明るい性格のチーム」(ジェフ選手)とのこと。サッカーに関しては各学年の壁は無く、意見や要求を率直に言い合う。このような関係が築けているのは3人がこれまでに感じていた閉塞感を無くそうという思いからだ。上級生も下級生もお互いに話し合う機会をこれまで以上に持つことでチームの雰囲気が変わり、新たな繋がりが生まれた。「上級生が伝えて残していくことが大切だと思っていたのでそれが出来るチームになったと思います」と主将は話す。

 選手権に向けて「高校サッカーを観て、神奈川で日本一になるために桐光に来たのでそれを目指す。個人としてはチームの為に活躍して高校選抜にも入りたい」(淡路選手)、「まずは昨年度よりも勝ち進んでFWとして得点王も目指したい。チームを勝たせるプレーで日本一を獲りたい」(西川選手)、「このチームとして最後の大会となるので、自分のプレーで桐光を日本一にしたい。チーム一丸となって会場も相手も圧倒する」(ジェフ選手)と意気込む。

中原区版のローカルニュース最新6

新聞たまり異変に気付く

下小田中の販売店・野中さん

新聞たまり異変に気付く 社会

人命救助で市から感謝状

4月3日号

企業の協力会が寄付

新1年生に登校グッズ

新1年生に登校グッズ 社会

JAら交通安全願い寄贈

4月3日号

ホーム2面化へ着工

横須賀線

ホーム2面化へ着工 社会

完成は2022年度末頃

4月3日号

犬猫の譲渡数増加

犬猫の譲渡数増加 社会

アニマモール移転1年

4月3日号

市民227人、一時活動休止

英国事前キャンプ

市民227人、一時活動休止 文化

市、五輪延期受け

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月10日号

お問い合わせ

外部リンク