中原区版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

25年にわたり子どもの支援に取り組む「ベビーキルトかわさき」の代表を務める 川野 安子さん 多摩区在住 81歳

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena

母子思う心、次代へ

 ○…25年間で縫ったベビーキルトは千枚を優に超える。赤ちゃんのおくるみとして使えるよう色とりどりの布を丁寧に縫い合わせて作るため、完成までの時間は約100時間。市内の乳児院だけでなく、東南アジアの子どもにも贈ってきた。月に一度、会員30人で中原区内の福祉施設に集まり活動している。「母親に100年も200年も大切にすると言ってもらえたことが嬉しくて」。喜びの声が励みだ。

 ○…エイズの子どもにキルトを贈る海外の団体との出合いがきっかけ。理念に共感し、川崎支部を立ち上げ、本部が活動中止して以降も独自に取り組み続けた。その原点は、女性の権利を求め活動するクリスチャンの祖母と母の下で育ったこと。人権問題への意識が高く、一昨年まで理事長を務めた日本キリスト教婦人矯風会でも、選択的夫婦別姓の導入や死刑制度廃止のため、署名運動などを続けている。「問題はあちらから降ってくるもの。出合ったことには丁寧に向き合いたい」

 ○…26歳の頃、結婚を機に川崎市に移り住んだ。歌うことが好きで、3人の子どもを育てながらママさんコーラス隊に所属した。現在は、一般公募による市民第九コンサートへの出演を楽しみに趣味で続けている。「去年は抽選に漏れたので、今年は受かるといいのだけど」と微笑む。

 ○…一昨年傘寿を迎えたが、「80代は思っていたより若い」と元気に笑う。モットーは、行き当たりバッチシ。「これからも出合いを大切に。その中で悩むことがあっても、まあいいかと前向きに生きていきたい」。支部発足時のメンバーで残る一人となった。代表の座を退き、次代へ引き継ぐことも視野に入れる。「子どもも母親も作り手も皆が笑顔になる活動。末永く続いてほしい」

中原区版の人物風土記最新6

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

水品 皓暉(みずしな こうき)さん

川崎ブレイブサンダースU15でキャプテンを務める

水品 皓暉(みずしな こうき)さん

中丸子在住 15歳

11月13日号

野村 栄さん(活動名:ノムさん)

バルーンアート集団「風船ドクター」の代表を務める

野村 栄さん(活動名:ノムさん)

上新城在住 52歳

11月6日号

前島 誠一さん

生田緑地ばら苑「ばら苑ボランティア会」の会長を今春から務める

前島 誠一さん

宮前区在住 69歳

10月30日号

小野寺 盛男さん

設立20年目を迎える花クラブの中心メンバーとして活躍する

小野寺 盛男さん

木月4丁目在住 81歳

10月23日号

竹井 斎(ひとし)さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターでセンター長として10年目を迎える

竹井 斎(ひとし)さん

井田杉山町在住 64歳

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク