川崎区・幸区版 掲載号:2014年11月28日号 エリアトップへ

衆院選10区 3氏が立候補に名乗り 各陣営準備進める

政治

掲載号:2014年11月28日号

  • LINE
  • hatena

 12月2日公示、14日投開票の日程で実施される衆議院総選挙を前に、神奈川10区(川崎区・幸区・中原区の一部地区を除く)では、前職、元職、新人の3人が立候補に向けて準備を進めている。

 11月24日現在、名前が挙がっているのは、自民党前職の田中和徳氏(65)、民主党元職の城島光力氏(67)、共産党新人の中野智(とし)裕(ひろ)氏(56)――の3人。いずれも前回の衆院選(12年12月16日投開票)で立候補した顔ぶれだ。

 環境副大臣、財務副大臣を務めた田中氏は、法政大学法学部卒。市議、県議を経て96年、衆議院議員に初当選。衆議院財務金融委員長、国土交通大臣政務官、外務大臣政務官、衆議院テロ・イラク特別委員会理事などを歴任。7選を目指すにあたり「『見る、聴く、動く!』。自民党再犯防止特命委員長として2020東京五輪までに世界一の犯罪最少国家を目指す」と訴える。

 元財務大臣の城島氏は、東京大学農学部畜産獣医学科卒業。味の素で25年間のサラリーマン生活を経て、96年、衆議院選に初当選。これまで4期務めた。民主党政策調査会長代理、民主党幹事長代理、国会対策委員長などを歴任。議席奪還を目指し「人、命、くらしを大切にする政治、すなわち、公平・公正な『正直者が報われる社会』の実現」を主張する。

 共産党川崎南部地区委員長の中野氏は、東海大学文学部広報学科を卒業。毎日新聞関連会社に勤務。86年から94年までは日本民主青年同盟に専従し、神奈川県委員会副委員長を務めた。その後、共産党神奈川県委員会専従。初当選を目指し、「原発の再稼働ストップ。憲法9条を生かした平和外交の推進、大企業による解雇規制法の制定、奨学金の給付制度の実現」を訴える。

 川崎市選挙管理委員会によると、前回行われた衆院総選挙の10区における小選挙区の投票率は58・52%。このうち川崎区が53・92%、幸区が60・42%、中原区が61・50%。

※立候補予定者の紹介は国会の勢力順。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

船内で乗員ら問診

川崎市医師会

船内で乗員ら問診 社会

先月、ダイヤモンド・プリンセスへ

3月27日号

川崎球場の価値を議論

元ロッテ選手出演

川崎球場の価値を議論 スポーツ

28日、ツイッターで生配信

3月27日号

幸区2店舗が受賞

幸区2店舗が受賞 社会

市内の新規店を表彰

3月27日号

イメージキャラに小倉さん

健康祈願で振る舞いビール

健康祈願で振る舞いビール 社会

29日 稲毛神社で

3月27日号

マスク34万枚を配布

川崎市

マスク34万枚を配布 社会

医療機関、児童施設などへ

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク