川崎区・幸区版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

不要野菜を動物園に 「もったいない」が背中押す

社会

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
野毛山動物園に野菜を届ける渥美さん
野毛山動物園に野菜を届ける渥美さん

 桜本の「(有)グリーンフーズあつみ」の渥美和幸社長(45)は、漬物製造時にでる白菜の外側やカブの葉などの不要部分を、3年ほど前から無償で横浜市の野毛山動物園に提供している。

 配送ついでに週3日、1回あたりの届ける量は、多い時で200kgにもおよぶ。提供しているのは、白菜やカブの葉を中心に、時にはレタスもある。これらの野菜はクマ、マントヒヒ、チンパンジー、ダチョウ、クジャクなどに与えられているという。

 動物園飼料担当の池永美子さんによると、クマは朝・昼の計8kg、ダチョウは1日3回の計7kgを必要とする。そのため「野菜の提供は本当にありがたい」と話していた。

「趣味ですから」

 不要野菜とは言っても、無償で週3回配送するには手間と時間がかかる。それも苦にしない渥美さんは「趣味ですからね」と笑った。

 「白菜をつくっている農家が80歳を超えた女性なんです。それを知れば、不要な部分でも捨てちゃうのがもったいない」。以前からその活用法を思案していた渥美さん。取引先でキムチを卸す金久保商店の伝手で野毛山動物園への紹介を得たという。

 いつも通り野菜を届けた10月1日には、初めて野菜を食べる動物を見学した。「うれしいな」とつぶやきながらも、ダチョウの旺盛な食欲に驚いていた。

 届けている野菜は、車の容量もあって不要野菜のごく一部。その他は、廃棄せざるを得ないという。渥美さんは「新たな使い道など何かアイデアがないものか、あったら教えて欲しい」と話していた。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

生ごみ再利用考える集い

生ごみ再利用考える集い 文化

1月29日、中原区で

1月14日号

申し込み支援を延長

川崎市

申し込み支援を延長 社会

マイナポイント第2弾で

1月14日号

過去5年で最多の363件

川崎市火災件数

過去5年で最多の363件 社会

原因に連続放火など

1月14日号

密避け、成人の門出祝う

川崎市

密避け、成人の門出祝う 社会

6163人が会場参加

1月14日号

海の環境を考えよう

海の環境を考えよう 教育

30日、マリエンで教室

1月14日号

新春寄席で笑いを

新春寄席で笑いを 文化

1月29日 東海道交流館で

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook