川崎区・幸区版 掲載号:2018年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

ダンスで大ホールにお別れ 3月31日

スポーツ

50年の歴史に幕を閉じる教文大ホール
50年の歴史に幕を閉じる教文大ホール
 3月31日に閉館される川崎市教育文化会館大ホール(川崎区富士見)の開館最終日に一般社団法人川崎青年会議所(川瀬典宏理事長)と川崎区役所は「教文ホールTHE FINAL 頂キッズストリートダンスグランプリin川崎こども塾」と銘打ったダンスイベントを開催する。

 小中学生35組、市内ダンススクールに通う7組、高校ダンス部10組が出演し、クラシック、ヒップホップ、ジャズ、チアリーディングなど様々なジャンルの演技を披露する。音楽ユニット「globe」のパロディ「軟式」のパーク・マンサーさんとKOIKEさんの2人がゲスト出演し、イベントを盛り上げる。

 教文大ホール閉鎖式典も行われ、スライドショーで50年の歴史を振り返る。

 川崎JCの大須賀敦さんは「若者たちのダンスを楽しんでもらいつつ、一度でも教文大ホールに縁のある方に参加していただければ」と呼び掛ける。

 午前10時30分から午後5時。開場は午前10時。入場無料。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害を越え楽しむコンサート

障害を越え楽しむコンサート

入場無料「心のバリアフリー」を

5月19日~5月19日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク