川崎区・幸区版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

市政報告 風疹予防接種、適切な広報・周知を 川崎市議会議員(川崎区)みらい川崎市議会議員団 林としお

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena

 風疹患者が昨年夏から関東地方を中心に増えています。風疹に感染すると、妊婦、特に妊娠初期の方は、生まれてくる赤ちゃんが目、耳、心臓などに病気を持つ「先天性風疹症候群」にかかり、赤ちゃんが様々な合併症を併発する恐れがあります。くしゃみやせきなどのしぶきでうつりますが、ワクチン接種で予防することができます。

 これまで川崎市は、抗体検査の無料(1回)とワクチン接種費用の一部助成を、妊娠を希望する女性とそのパートナー、妊婦のパートナーを対象に実施してきました。今回の流行は、抗体保有率の低い30〜50代の男性の患者の割合が多いことから、こうした世代にも利用できるよう、昨年12月に緊急対策を実施しました。

 その結果、昨年12月から今年1月まで新たな緊急対策によって抗体検査を受けた方が875人で、そのうちワクチン接種が必要と判断された方が252人、うち240人がワクチン接種を行ったことが2月の予算審査特別委員会で判明しました。

 風疹の流行はしばらく続くとみられることから、30〜50代の男性が引き続き受けられるよう、市は来年度の予算を約2億8千万円増額し、3億2700万円を計上しました。

 風疹対策では、これとは別に、来年度から国が39歳から56歳の男性を対象に風疹の抗体検査とワクチン接種を3年間無料で実施します。市はその費用として、約6513万円を計上しました。市によると、受診券を3年間で段階的に対象者に送付。受診券は市内協力医療機関をはじめ、他都市の医療機関でも受けられるとのことです。

 私は、男性の風疹に対する認識が重要であるとの思いから「市民に混乱をきたさないよう、適切な広報・周知と速やかに対応するよう」要望しました。

重点4地区の浸水対策要望

 浸水対策の重点化地区である京町・渡田地区、川崎駅東口周辺地区、大島地区、観音川地区における来年度の取り組みについて質問しました。

 市によると、浸水対策手法や整備スケジュールを決定し、順次実施設計に着手するとしています。

 答弁を受け、私は「国との交付金に係る調整などもありますが、計画通り進めていただくよう」、強く要望しました。

 引き続き、安全・安心なまちづくりのために力を尽くします。

林としお

川崎区追分町6-2 エステート森101

TEL:044-223-6625

http://www.hayashitoshio.com/

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

運転免許「高齢者講習」の待機日数短縮を!

県政報告

運転免許「高齢者講習」の待機日数短縮を!

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

11月26日号

決算議会にて、京急川崎駅周辺再開発事業について質問!

市政報告

決算議会にて、京急川崎駅周辺再開発事業について質問!

川崎市議会議員 本間 賢次郎

11月5日号

コロナ収束後の市立病院経営健全化に向けて!

市政報告

コロナ収束後の市立病院経営健全化に向けて!

みらい川崎市議団 たむら 京三

10月29日号

「リトルベビーハンドブック」作成へ!

小さな赤ちゃんのための母子手帳 県政報告

「リトルベビーハンドブック」作成へ!

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

10月22日号

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

市政報告

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

公明党川崎市議会議員団 浜田まさとし

10月15日号

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

市政報告

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

日本共産党川崎市議団 渡辺学

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook